エンタメ

「ボヘミアン・ラプソディ」、国内興収100億超でも上がる“不満の声”とは?

 伝説のロックバンドであるクイーンのリード・ボーカル、フレディ・マーキュリーの生涯を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、1月23日までの国内興行収入100億円突破が報じられた。その後も映画のサントラや、クイーンの楽曲のCDが、かなりの売れ行きとなっているようだ。

 しかし、この映画の特徴はリピーターが多いこと。数字そのままに多くの人たちに高評価されているわけではないのではないか、と映画関係者が言う。

「1月6日に発表されたアカデミー賞の前哨戦ともいわれるゴールデン・グローブ賞において、作品賞と主演男優賞に輝くなど大変な栄誉を受けている印象が目立ち、興収的にも日本始め世界中での大ヒットとなったのはその通りです。しかし、クイーンの母国イギリスでは、もちろん大ヒットしているのですが、人間としてのフレディを描けていないという批判的な意見も多い。日本では好意的な報道の影響もあり、ブームになっているうえ、何度も映画館に足を運びフレディの扮装をして映画館に来るリピーターもいるなど、コアな層が人気を後押し。最後に代表曲がこれでもかと流れるだけに、見終わった後の高揚感はすごいものがある。しかし、『よく考えてみるとそれほど中身はなかったんじゃないか』と後になって湧き上がってきた“不満の声”も少なくないんですよ」

 それは、〈映画のラスト、ライブ・エイドでのパフォーマンスは、本物を凌ぐほどに素晴らしく迫力があったことを認めるが、映画のストーリー的には今いち……〉という意見に集約されるようだ。具体的には、<感動シーンを音楽で無理矢理引っ張ってる感じが否めない><そもそもフレディが似ていない。歯が出すぎている><歌の力には感激しました。でも、それ以外のストーリーは、ただの自堕落な男の一生みたいで><日本は世界に先駆けてクイーンを支持したのに、それが描かれていないのはどういうことか!?>といったものから、ロックスターの栄光を差し引くように、同性好きとしての孤独を濃厚に描きすぎているといった意見などなど。もっとも、フレディ役をはじめ、俳優陣は本人によく似ているという評判も高いし、演出についてもやや「ないものねだりな批判」の感はぬぐえない。それだけグループに思い入れの強いファンが多いということかもしれないが…。

「映画が完成するまでには、主役の交代劇に始まり、監督のブライアン・シンガーが、クレジットこそ残っていますが、撮影途中で降板。さらに、シンガー監督に未成年性的暴行疑惑が持ち上がり、1月下旬に第30回GLAADメディア賞の最優秀映画部門でのノミネートを取り消される、という不祥事も起こっています。フレディの生涯ではないですが、決して華々しい面だけでは語れない映画ですね」(前出・映画関係者)

 今年で76回目を迎え、2月25日に開催される映画界最大のお祭り・米国のアカデミー賞授賞式を前に、今のところ、作品賞、主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞の計5部門にノミネートされて話題になっているが、はたしてどのような結果となるのか?

(島花鈴)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚