スポーツ

羽生結弦、世界選手権2位で「負けは死も同然」発言に“違和感”覚える声が!

 3月23日にさいたまスーパーアリーナで行われた「フィギュアスケート世界選手権」でみごとな復活の演技を披露したものの、さらに上回る完璧すぎる滑りを披露したネイサン・チェン(米国)の前に2位に終わってしまった羽生結弦選手。負けたとはいえ、その演技にファンは惜しみない拍手を贈り、次での完全復活に期待を寄せて大会は終わった…と思ったやさき、羽生選手の発言が物議を醸してしまったようだ。

「羽生選手はテレビのインタビューに『負けは負けっていう意味しかないので。自分にとっては“負けは死も同然”と思っているので。本当、勝ちたいです』と答えました。自他ともに認める世界トップ選手としての『悔しさ』も『勝ちたいという気持ち』もとってもよく伝わりました。熱烈な羽生ファンもそんな彼にエールを送っていますが、一部のフィギュアファンたちからは『死も同然』という発言が、いささか唐突で、引っ掛かったようですね。相手が完璧だったことでの敗北だった点もありますが、それにしても“死”という言葉を使ってしまう羽生に、『死はそんな軽いもんじゃないと思う』、さらには『自分に酔いすぎ』とまで、珍しく苦言に近いコメントがネット上に見られたんですよ」(女性誌ライター)

 本人いわく、あくまで「自分にとって」。しかし、羽生選手ほどのアスリートの発言はそれだけ影響力があると言わざるを得ない。実は、1年ほど前、彼のプロデュースしたアイスショーを放送した番組内でも、メディアに振り回された時期について「何回も死のうと思った」と告白。この時も、“死”という言葉を使ってしまったことに、ネット上には一部からの疑問の声があったが…。

 もちろん競技に“命をかけて”取り組んでいるということなのだろう。が、大会直後の興奮状態も手伝ってか悲壮感さえ漂わせた言葉遣いに違和感を覚えたファンもいたようだ。

 もっとも一夜明けた24日には、報道陣に「また原点に戻れた。強い相手を見た時に沸き立つようなゾワッとする感覚をもっと味わいつつ、そのうえで勝ちたいと思えた」と、明るく前向きに語った羽生選手。さらなる飛躍を願ってやまない。

(小机かをる)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”