芸能

追悼・超破天荒な79年!内田裕也「暴乱ロッケンロール伝説」(2)拳でバーの天井に穴をあけた

 長年、交遊があった大阪・ミナミのバー「メリケンジャップ」店長の大喜多勝義氏が秘話を明かす。

「酔っ払うと手がつけられなかった。(十八代目中村)勘三郎さんのお母さんのお通夜で、裕也さんと勝新太郎さん、勘三郎さんで飲んでいたら、勝さんのメンソールタバコがなくなったんです。私が自分のセブンスターを出して『吸いますか?』と言うと、横から裕也さんが『チョイチョイチョイチョイ! 勝さんはKOOLだぞ!』って、本気で怒る。勝さんは『いいんだよ裕也! 俺は大喜多ちゃんのが吸いたいんだ』と悠然としていた。それでも裕也さんは『大喜多、お前は気がきかねえなー』ってずっと怒ってたよ。永ちゃん(矢沢永吉)を引き合わせたのは30年以上前だったかな。永ちゃんと今日は何があっても耐えようって話してたら『ヤザワ~腕相撲しよう』って。何度やっても永ちゃんが勝つから、裕也さんはクッソーって悔しがって騒いだのがいい思い出です」

 バーの天井には、泥酔した裕也が「ロッケンロー」と雄たけびを上げ、突き上げた拳であけた「ロックの穴」が今でも残っている。

 生涯3度の逮捕歴がある裕也。初回は77年の大麻取締法違反だった。

「初犯から2年後には若松孝二監督の『餌食』(東映)で主演する変わり身の早さ。しかも、この映画で裕也さんが演じた役柄は、マリファナを吸うロック歌手。レゲエ歌手を売り出そうとし、芸能事務所に殴り込みをかけるというものでした」(芸能デスク)

 そして、2度目が83年。酔っ払って包丁片手にウドー音楽事務所に殴り込み、「外タレばかりじゃなく、日本人ロッカーを使え」と訴え、銃刀法違反で逮捕されている。

 まさに内田雄也(=本名=)はロック歌手・裕也を生涯かけて演じ続けていたのかもしれない。

 死の瞬間までロック魂を貫いた稀代のロッケンローラーの偉業に合掌!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
2
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
3
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
4
宇垣美里、インナーがずり落ちて…ユルユル胸元から覗いた圧巻「Gカップ」
5
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!