女子アナ

桑子真帆のバストがますます“巨大化”!見え隠れするフリー転身「戦略」とは?

 NHKの桑子真帆アナのバストの“巨大化”がすごいことになっている。

「4月10日の『ニュースウオッチ9』では、白のロングスカートに紫のブラウス姿での登場だったのですが、そのブラウスがゆったりめだったのにもかかわらず、まん丸バストの形が明らかにわかるほど前にドーンと突き出ていました。以前からその豊かなボディぶりは評判になっていましたが《ますます成長しているのではないか》と、ネット上もザワついていましたね」(テレビ誌記者)

 桑子アナといえば昨年6月、フジテレビの谷岡慎一アナとわずか1年でスピード離婚。実績も十分なうえに“身軽”になったことも重なり、「この春にもフリー転身か」とも囁かれていたが、いまだにその動きはない。

「それでも、いずれはフリーにと考えているのは間違いないと思われます。ただ、今がそのタイミングではないということ。昨年は平昌五輪の開会式の中継で『閉会式』と言ってしまったり、暮れのNHK紅白歌合戦の総合司会では、優勝した白組に優勝旗が授与される際に『紅組に優勝旗が渡されます』と間違えるなど、重要な場面での失態が続き、業界の評判も“?”が付いたままですからね」(夕刊紙記者)

 同じ昨年12月にオリコンが発表した「好きな女子アナランキング」でも一昨年の10位からランク外へと落ち、離婚によるイメージダウンがダイレクトに出た、と言われている。

「失態のほとぼりがまだ冷めていないと、桑子アナ本人も自覚しているのでしょう。となると、今は任された席で地道に努力し続けるしかない。そんな中、ここへ来て際立って大きく見えるバストは、アンダーウエアの工夫などでより大きく見せることで、男性視聴者を釘付けにするという、彼女なりのアピールなのかもしれませんね」(前出・夕刊紙記者)

 早いこと他局でもその熟れたバストを拝みたいものだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?