スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「パフォーマプロミスの勝負根性が穴」

 令和を前にしての平成最後となる天皇賞・春。伝統あるこのGIが、どんな展開になるのか胸躍る一戦だが、古馬一線級が長丁場に活路を求めないこともあり、期待とは裏腹に、顔ぶれは例年に比べて、やや見劣ると言わざるをえない。

 重賞2連勝中のシャケトラが最有力候補とみられていたが、1週前追い切りの際、左第1指骨粉砕骨折を発症し、予後不良の診断。安楽死となったのは残念でならない。

 そのシャケトラと互角、あるいはそれ以上の評価があるフィエールマンは、休み明け。予定のローテーションとはいえ、全幅の信頼を寄せ切っていいものかどうか。菊花賞馬であり、長丁場はお手のものだが、少しばかり疑いの目を向けてみたくなる。

 他の有力どころもしかりで、この天皇賞・春は、少しばかりつかみづらいところがある。各馬一長一短、絶対視できる馬がいないとなれば、馬券的にも簡単ではない。

 そもそも、よく荒れるGIだ。03年に馬単が導入されて以降、これまでの16年間、馬単での万馬券は半数の8回(馬連では7回)。見かけによらず難解なGIであることがわかる。

 1番人気馬は2勝(2着1回)と振るっておらず、対して2番人気馬は6勝(2着2回)。1番人気馬よりも信頼性はあるが、かといって、2番人気馬を中心視するべきとも言えまい。

 ただ、これから充実期に向かう4歳馬は、やはり強い。頭数で勝る5歳馬を連対率でしのいでいることは留意すべきだろう。

 いずれにせよ、4、5歳馬が圧倒的。6歳馬もよく善戦しているが、古豪に多くの期待は寄せづらい。

 それにしてもあらためて強調するようだが、今年の顔ぶれはやや小粒だ。

 フィエールマンに負けない評価があるエタリオウクリンチャーは、前者の前走が55キロ、後者が56キロ。今回は58キロを背負っての競馬になるわけで、このへんが大一番だけに大いに気になるところである。

 断じて人気どおり決まらない!

 そうみて、穴党として期待を寄せてみたいのは、パフォーマプロミスだ。

 こちらは57キロの斤量で走った前走の京都記念で、勝ち馬とはコンマ1秒差の4着。強烈に強いイメージはないが、とにかく堅実。そして相手なりに走る勝負根性が魅力である。

 すでに7歳。4、5歳馬が圧倒的なGIで、この馬を推奨するのは筋違いとみられて当然だが、ひ弱さがつきまとっていただけに、大事に使われてきたことを見逃してはいけない。

 とにかく年齢に反して肉体的に若いのだ。それは使ったあと、しっかりとケアされてきたたまものだが、藤原英調教師は「衰えがないどころか、ようやく馬体がしっかりしてきて、これからまだよくなっていい馬」と、オクテであることを強調する。

 なるほど、そんなひ弱さがありながら、デビュー戦(未勝利)を圧勝したほどの馬。休み休み使いながらも着実に勝ち星を重ね、オープン昇級初戦の日経新春杯をモノにしたほど。どれだけの能力を秘めているかは、推して知るべしだ。

 前々走の有馬記念は、調整がうまくいかず凡走(14着)したが、続く前走の京都記念はあわやの4着。だからこそ、順調そのものの今回は、大いに期待していいことになる。

 1週前の追い切りも軽快で文句なし。前走以上の状態と言ってよく、まずは力を出せる仕上がりにあることは間違いなしだ。

 シルクプリマドンナ(オークス)ほか近親、一族に活躍馬が多くいる良血。好走必至とみて間違いない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
2
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
3
マギーがニット姿でも背中見え!?史上最強「チェリーを殺すセーター」爆誕
4
里田まい、田中将大とのツーショットに触れてヤケドした矢口真里との明と暗
5
共演者を泣かせたことも!タピオカ騒動「木下優樹菜のブチギレ癖」とは?