芸能

「48キロ減」安田大サーカスHIRO、「47キロ減」ガリクソンと体型違い過ぎの謎

 死の淵をさまよったのちの決断は大幅な減量だった。4月18日放送の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)にてお笑いトリオ「安田大サーカス」のHIROが、脳出血で入院したエピソードについて明かした。

 そのHIROは17年6月、頭に「木刀でどつかれたような痛み」を感じて嘔吐。最初に訪れた病院では手に負えず、より大きな病院に搬送される救急車内で気を失って、そのまま1週間、意識が戻らなかったと語った。幸いにも後遺症もなく復帰し、その後は医師の指示に従って1日1500kcalの食事制限を継続。入院時に140キロあった体重が現在は92キロまで減り、実に48キロもの減量に成功したという。

 番組でのHIROはかつての巨漢時代とは異なり、まぶたにうもれていた目元もちゃんと瞳が見えるように。また腹にさえぎられて自分の目では確認できなかったシンボルが小3以来、初めて目視できるようになり、「黒くなった」とスタジオを笑わせていた。だが、視聴者からはそんなHIROの体型に、ひとつの疑問が生まれているという。

「画面で見るHIROはいかにも、太っていた人が痩せたという感じが肌質などにも表れており、48キロの大幅減量にも納得です。ただダイエットに関しては同じくお笑い芸人のガリガリガリクソンも今月、47キロの減量に成功したことを報告したばかり。そのガリクソンはごく普通の体型になっており、以前は太っていたことをほとんど感じさせません。この違いは一体なんなのかと視聴者を不思議がらせているのです」(テレビ誌のライター)

 二人は身長がほぼ一緒で、現在は17キロほどの体重差があるものの、HIROの痩せっぷりを見る限り、ガリクソンと同じ体重まで減らす姿は想像しづらい。また48キロも減量したわりにはHIROの顔つきは以前とさほど変わらず、ダイエットしたことで周囲から存在が気づかれなくなったガリクソンとは異なっている。

 ただ、ダイエットの方法は二人とも、食事の改善と運動にあるのは明らか。HIROは毎食後に2時間、1日で6時間ものウォーキングを行っており、一方のガリクソンは自転車で1日に数十キロも遠出していたという。そんな二人の外見を大きく分けるポイントについて、フィットネスに詳しいスポーツライターが指摘する。

「二人の差はおそらく、マックス体重に至るまで歩んできた道のりの違いにあります。ガリクソンは122キロまで太っていたものの、高校時代の写真はぽっちゃり程度で、ザラにいるデブといった程度。これならダイエットさえすれば、ごく一般的な体型に戻せます。それに対してHIROは小1で早くも100キロを超え、中学卒業時には190キロを超えており、そのまま相撲部屋に入門しています。このように小児期から肥満体型でいると、皮膚がその体型にフィットした形で成長するため、一般人とは皮膚の張りなどが変わってきてしまうのです。そんなHIROの頬が薄黒いのは肥満に伴う黒色表皮腫の可能性が高く、彼の場合は長年にわたって色素が沈着してきたことから、ダイエットしてもすぐに健康な肌色には戻らないのでしょう」

 どんな生き方を送ってきたにせよ、ダイエットは重要だが、できれば早い時期に始めたほうが良さそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
不仲説は違った!?西野七瀬、乃木坂46白石麻衣とのペア写真公開にファン歓喜
2
田口淳之介・小嶺麗奈を奈落の底に突き落とした業界の“ジャニーズ忖度”
3
若林が春日を野郎呼ばわり!仲良しコンビ・オードリーがまさかの解散危機!?
4
赤西仁・田中聖とは真逆の環境?田口淳之介、「意外だった薬物逮捕」の裏側!
5
渡哲也が激怒した石原軍団「解散撤回」までの暗闘(3)徳重聡が炊き出しの大役を…