芸能

暴発美女が知られたくない「禁断の秘密」(9)<檀れい>生まれ故郷の「銅像建立計画」頓挫の謎

 宝塚歌劇団出身女優として、華々しい経歴を持つ檀れい(47)。彼女の地元では、その偉業を盛大にたたえようという計画が持ち上がっていたのだが‥‥。

 90年に宝塚音楽学校に入団。当時の成績こそ同期で最下位だったが、その後は目覚ましい成長を遂げる。月組・星組の娘役トップとして輝き、05年の退団後は芸能界でキャリアをスタート。06年に公開された「武士の一分」(松竹)で銀幕デビューするや、日本アカデミー賞優秀主演女優賞の受賞をはじめ、数々の賞を総ナメにした。

 この活躍に喜んだのは、檀が宝塚音楽学校に進学するまで育った兵庫県の小さな田舎町だ。

「地元はスターが誕生したことで、12年ほど前に旅館の組合が銅像を建てる計画を立てていました。でも、それに対して檀サイドが拒否反応を示したことで頓挫したそうです」(芸能記者)

 地元に取材してみたが、町は合併していたこともあって、当時を知る人物はいなかった。が、檀に近い芸能プロ関係者はこう明かす。

「両親は檀が宝塚デビューしたあとに離婚。父親は地元に残りましたが、母親は京都の男性と再婚しています。それ以降、公式プロフィールに京都府出身と明記してきたほど。そこまで忌み嫌う理由はわかりませんが、兵庫時代について触れると複雑な家庭環境を思い出すのでしょう。銅像が建立されれば、どうしても当時の思い出話が掘り起こされますからね」

 生まれ故郷と「決別」した檀は、11年に歌手で俳優の及川光博(49)と結婚する。しかし、新婚わずか2カ月で及川が30代美女とのデートを報じられ、その後も仮面夫婦と言われ続ける中、昨年11月に結婚生活にピリオドを打った。芸能評論家の三杉武氏はこう話す。

「離婚理由について連名でコメントを出した時、〈共に表現者として尊重しあい、笑顔で出した結論です〉と円満離婚を強調していましたが、その後、檀の仕事が順調に増えたわけでもなく、釈然としません。檀は宝塚時代からステージママとして夢を応援してくれた母親を介護するため、家を留守にすることがあった。その間、及川は女遊びに走ることもあり、すれ違いが多くなってしまったようです」

 最近の主な仕事といえば、サントリービールのCM「金麦」やテレビのナレーション、ドラマ「科捜研の女」(テレビ朝日系)にゲスト出演したくらい。今のところ、地元・京都から銅像の話が持ち上がることはなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは