芸能

天才テリー伊藤対談「カンニング竹山」(3)エンタメの目線をワイドショーに!

テリー 瀧さんの件もさ、「電気GROOVE」の相棒の石野卓球さんがSNSで発言し始めたら、ワイドショーは今度そっちを責め始めたじゃない。でもさ、そんなこと何の意味もないんだよ。むしろ、20代の頃からやっているという瀧さんの薬物依存の問題を語るべきでね。

竹山 そうなんですよね。どうすれば瀧さんを復帰させられるのか、を論じるべきで、あれだと、ただ卓球さんをイジっているだけで、僕なんかは「それ、見たいか?」って思うんですが。

テリー 少なくとも、制作側はそういう判断だよね。テレビは、それを見たい人が視聴者の8%でもいると踏めば、やる。

竹山 だったら、なおさら逆張りをする人がスタジオにいないとダメだと思うんですけどね。

テリー 最近だと、ネットから出てきた人もいるじゃない。そういう人たちって、たいてい発言する時に「ネットの意見としては」っていう冠がつくんだよ。「俺はこう思うんだけど」とは絶対に言わない。

竹山 よくありますね。もしかしたら社会全体が「俺はこう思う」と言うことをためらっているのかもしれないですね。

テリー でもね、それって結局は、その人の意見なんだよ。今は、そういう時代なのかもしれないね。そういう意味で言うと、俺、ウーマンラッシュアワーの村本(大輔)って好きなんだ。

竹山 ああ、なるほど。

テリー 今、彼の発言や行動はネットをはじめ、いろんなところで叩かれているけれど、あれはあれでいいと思うんだよね。ああいうタイプの笑いは、アメリカだったら高い評価を得られそうだし。

竹山 今までの芸人のイメージだと、あまり政治のことは語っちゃいけない、みたいな風潮がありましたから、村本に対しては、ちょっと活動家みたいなイメージを持っている人が多いと思うんですよ。でも、実はそうじゃなくて。

テリー 全然違うよね。

竹山 やっていることは間違ってないと思うんですけど、ボールの投げ方が雑だったのか‥‥今の村本だったら、もっと丁寧に投げたほうが世間にちゃんと伝わったかもしれない、と思いますね。

テリー そうだね。そういうことを提言してくれるアドバイザーがいなかったのかな。

竹山 かもしれないです。あと、彼は興味があふれすぎていると思うんですよ。最近だと沖縄問題とか、この前は福島にも行ったみたいですが、そういうものがまだ自分の中でエンターテインメントとしてまとめられていない。とっ散らかっているんですよ。だから、せっかくおもしろいことをやろうとしているのに、テレビ局なんかには「使いづらい」と思われて、ムダな敵を増やしちゃっているような感じがします。

テリー もし使いづらかったら、本番中に首を絞めちゃえばいいんだよ。誰かが首絞めて、口を塞いで、水でもかけちゃって。バズーカ砲を撃って、黙らせてもいいし。

竹山 バラエティーなら、そうしますよね、「うるせえんだよ!」って(笑)。

テリー そうだよ、そうすれば笑えるんだから。ちゃんと番組になるよ。

竹山 それはもう、演出家の問題だと思います。今は苦情が来るのが怖くて、規制、また規制みたいな状況ですけれど、制作側にもそういうことができる人、そういう目線がある人が出てきてほしいですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“DNA”のエース!?横浜DeNA綾部投手の「18人不貞」にネットが大喜利状態!
2
「不貞騒動明け」後藤真希、夫と腕組みアピールに「旦那がすげえイヤそう」の声!
3
大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ
4
宮迫博之、「バイキングを全否定」発言で坂上忍と遺恨に発展か!?
5
小倉智昭、「とくダネ!」での堀ちえみ取材への批判と同時にあがる“落胆の声”!