芸能

鈴木奈々はライバルタレントを意識?涙の謝罪招いた「遅延始球式」裏事情!

 ツメ痕を残そうとしたところ、むしろ残念な印象を与えてしまったようだ。

 鈴木奈々が、楽天生命パークで行われたプロ野球「楽天-ロッテ戦」で、試合前に行われた始球式に登場したのは去る4月27日。鈴木は始球式を務めるのが今回が初めてのことだったこともあって、かなり緊張していたそう。その結果、何度も「行きます!」と声を張り上げたものの、なかなか投球動作に入らず。

 あげく、ようやくモーションに入り、投げるのかと思いきや、やはり投げずにボークまがいの行動も見られていた。最終的に投じられた1球は山なりのワンバウンド投球で、鈴木はマウンド上で両ひざをついてうつぶせになって悔しがるオーバーリアクションを見せていた。

 ところが、この鈴木の始球式の影響で試合開始が4分遅れる結果となってしまったこともあり、野球ファンからは「散々待たされたうえに平凡な1球で腹が立った」「みんなアンタじゃなくて、野球を見に来てるんだぞ」「試合の邪魔をするな。本当に本当に不愉快だった」「(待たされている)美馬投手が気の毒」など、その茶番に批判的な意見が殺到した。翌日には試合をスポンサーとしてバックアップした会社が公式ツイッターで謝罪したうえで〈私達スポンサーの準備・説明不足であったと深く反省しております〉とコメントする事態に発展したのだった。

「最近では元なでしこジャパンの丸山桂里奈にお株を奪われ、『丸山のせいで仕事が減った』と嘆いている鈴木ですから、何とか記憶に残る始球式をしたかったのかもしれませんが、残念ながら野球ファンからの反応はよろしくありません。この日の天気はあいにくの雨とあって、待たされる選手たちもたまったものではなかったはずです。実際、鈴木の球を受けた楽天の捕手・嶋基宏選手も捕球後はそっけなく鈴木に球を渡していたように見えました。“長すぎる始球式”としては柳沢慎吾が昨年3月に始球式を行い、1人でピッチャー、応援団、実況アナウンサー、主審、甲子園のサイレン、ウグイス嬢、大会役員の7役をこなし、12分を超える始球式を披露していますが、こちらは炎上していません。というのも、柳沢の場合は球団側もそれがわかったうえでオファーを出しており、選手たちも柳沢のパフォーマンスに参加するなど協力的でしたから、ファンたちも受け入れ態勢ができています。また、パフォーマンスの質も鈴木と柳沢では大きく差がありますから、鈴木の中身がないパフォーマンスによけい、野球ファンは腹が立ってしまったようですね」(スポーツ紙記者)

 始球式を終えた鈴木は「すっごい悔しかったので、旦那さんと愛のキャッチボールをして、もう一度リベンジしたいです!」と再挑戦を目指すと宣言。その後、5月4日、自身の投球式による遅延問題に批判が相次いだことに、「田村淳の訊きたい放題!」(TOKYO MX)に出演した鈴木は、涙ぐみながら「本当に申し訳ない気持ちです」と謝罪することとなった。それでも、2度目のオファーが来るかは今のところは微妙?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?
2
すごいボリューム!有村架純、まさかの「バストサイズアップ姿」公開に騒然
3
広瀬すず×綾瀬はるか「視聴率バトル」の天国と地獄(1)低視聴率に綾瀬が一肌脱いだ
4
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
5
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!