スポーツ

東京五輪マラソン、猛暑対策で「80年代の瀬古走法」が再注目されている!

 80年代のマラソンヒーローがクローズアップされている。

「死者が出るかもしれない」──。海外メディアが東京五輪における最大の懸念材料としているのが、「暑さ対策」。特にマラソン競技に関しては深刻で、英タイムズ紙は「死者が出る可能性」まで報じていた。

 東京五輪組織委員会も、対策は何度も講じてきた。マラソンのスタート時間が午前7時に決まったが、それまで二転三転した。午前6時スタート案、同5時案、競技会場の東北移転案も出ていた。そして今も、海外メディア、参加選手らを安心させるまでには至っていない。

「五輪組織委員会、日本陸上連盟は7時スタートで猛暑対策は終わったとは見ていません。今後も対策を講じていくつもりですが、なかなか良い案がなくて」(体育協会詰め記者)

 対策を講じる側の矛盾を指摘する声も出始めた。DeNAランニングクラブ総監督の瀬古利彦氏が現役だった1980年代、こんなことがあった。瀬古がローマシティマラソン大会に出場しようとしたら、陸連は「待った」を掛けている。というのは、3月のイタリアは気温が15度以上になるため、「暑いから適さない」としていたのだ。ところが、今危惧されているのは東京五輪での「30度の炎天下」。それだけに、

「炎天下を避ける意味で早朝スタートが検討されました。ただ、80年代のマラソン選手は暑さにも強かったんです。経験に基づく選手個々の対策みたいなものもあったんだと思いますが」(前出・体協詰め記者)

 瀬古はレース途中、前後に振っていた腕をダランと下げて、またそこからランニングフォームを整え直すこともしていた。ちなみに80年代のランナーは給水所でスポンジも取り、首筋も冷やすなどしていたが、こうした走法が80年代のランナーを暑さに強くさせていたとは考えにくい。

 東京五輪の暑さ対策は万全ではない。直前まで対策を講じていくことになりそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
2
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情