スポーツ

新馬戦スタート!「ディープインパクト後継」新種牡馬の壮絶レース

 日本ダービーが大波乱の結末に終わり、新馬戦がスタートした。注目すべきはなんといっても、今年産駒を出す新種牡馬である。なにしろ、7年連続でリーディングサイアーの座を守ってきた大種牡馬ディープインパクトが体調不良のため、3月末で年内の種付けを中止。現在は痛みを発症した首や腰の治療に専念しているのだ。

 その「王者」のリタイアにともなって浮上した「ポスト・ディープインパクト」争いの話題を6月4日発売の「週刊アサヒ芸能」6月13日号が取り上げている。

 すなわち、時代を担ってきた種牡馬はサイヤーラインを継続させるためにも、後継馬作りが欠かせない。だがディープインパクトの後継種牡馬の顔ぶれを見ると、ディープブリランテ、トーセンホマレボシ、トーセンラー、ダノンバラード…と、どうも頼りないのが現状なのだ。

 そこで主なディープ産駒の新後継種牡馬を見てみると、キズナ、スピルバーグ、リアルインパクト、ワールドエースなどがいる。とりわけ産駒登録数182頭と、新年度種牡馬の中で最多数を誇るキズナへの注目度は高い。キズナのシンジケート会員の一人によれば、

「母親のいいところを引き出し、オーラを放っている2歳馬が多い。ノーザンファームの仔も10頭以上いますからね。目標とする『ダービー馬はダービー馬から』を、ぜひとも成し遂げたい」

 キズナを生産した前田幸治氏によると、産駒は父に似て筋肉質の馬体で、スピード豊かなタイプが多いそうである。

 この他、同誌ではスピルバーグ、リアルインパクトの産駒の特性を解説。さらに、エピファネイアやゴールドシップ、カレンブラックヒルといった、ディープ産駒以外の新種牡馬の展望にも触れている。同時に、各産駒の期待の新馬も紹介しているので、馬券の参考にしてみてはどうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン