スポーツ

交流戦ウラ情報!セ・リーグがドラフト「ルール変更」でパを“揺さぶり”

 プロ野球セ・パ交流戦が始まった。リーグ別の勝利数では9年連続でパ・リーグに軍配が挙がっている。今年はセ・リーグのメンツを掛けた逆襲も予想されているが、政治的な駆け引きでは、すでにパ・リーグが劣勢に立たされていた。

「ドラフト会議に関するルールが改められました」(スポーツ紙記者)

 どういうことかと言うと、2巡目以降のドラフト指名はいわゆる「ウェーバー制」だが、15年以降は、「交流戦で勝ち越したリーグの最下位チームからスタートする」ことになっていた。パ・リーグは9年連続で勝ち越しているため、セはこのアドバンテージを1回も得ていない。かなわないとあきらめたのか、12球団の代表者が集まる会議の中で変更を持ち出した。

「2巡目の指名はウェーバー制で、交流戦で勝ち越しに成功したパ・リーグ最下位チームから始まっていました。パ6位、セ6位、パ5位…という順番です。それを今期から交流戦のリーグ勝利数に関係なく、セ・パ両リーグで1年おきに交互に入れ替えることに改められたんです。2巡目以降の1番クジをいつも取られていたからといっても、セ6球団のドラフト戦略に大きな影響は出ませんでした。でも、今年のドラフト候補を見ると、例年とは異なるので、影響が出るかもしれません」(前出・スポーツ紙記者)

 160キロ強のストレートを投げる大船渡の佐々木朗希、星稜・奥川恭伸、横浜・及川雅貴、明大・森下暢仁など今年も好投手が多いが、プロの実戦レベルに到達している野手、特に内野手が少ないのだ。

 将来性で高校生野手に切り換えるか、それとも投手中心の指名で野手の指名を見送るか…。それは入札抽選の1巡目の指名を終え、残った指名候補のメンツを見て決めるというのが、現時点での各球団のドラフト戦略だ。

「近年、有名なドラフト候補はパ・リーグの球団が指名に成功しています。佐々木、奥川らに対し、『自分たちの指名が失敗したら、せめてセ・リーグに』と、口にするセ球団職員も少なくありません」(球界関係者)

 こうした情報を聞かされると、パ・リーグに対する敵がい心はあるようだ。ドラフトに関するルールを変えてきた理由もわからなくはない。そもそもセ・リーグは交流戦の撤廃論者でもある。しかし、今ふたたびそれを主張すれば、ファンは「パにかなわないからやめたいんだ」と思うだろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
森七菜の背後に黒幕?「ボイコット計画」報道でジャニーズファン激怒のワケ