芸能

麻生祐未は今や「困った息子の母親」役女優の第一人者!

 6月25日に最終回を迎える「パーフェクトワールド」(フジテレビ系)で、松坂桃李演じる下半身不随になった息子の母親・鮎川文乃を好演している麻生祐未。同ドラマのヒロイン・つぐみを演じる山本美月をはじめ、今やモデルから華麗なシフトチェンジを遂げた女優は枚挙にいとまがないが、麻生もその1人と言えるだろう。

 麻生は1983年12月公開の少年隊初主演映画「あいつとララバイ」で旧芸名の樹由美子で芸能界デビューを果たしているが、1984年10月に現在の芸名に変更してグラビアデビュー。それと同時に85年3月まで「オールナイトフジ」(フジテレビ系)でMCを務めて注目され、85年度カネボウ水着キャンペーンガールでその人気は不動のものに。88年10月期放送の“月9トレンディドラマ”「君が嘘をついた」(フジテレビ系)では「横浜のお嬢さま」とウソをつくヒロイン亜紀子を好演。ブレイク前の鈴木保奈美、宇梶剛士、東幹久らが脇役で出演していたこともあり、今なおドラマ好きから高い評価を受けている作品だ。

「麻生はシリアスな演技からコミカルな演技まで実に繊細に演じることができる女優です。特に06年1月期放送の『白夜行』(TBS系)で見せた、やさぐれながらも息子への深い愛情を持ち続ける母親・弥生子役は、今でも語り草になっているほどの名演技でした。今クールも『パーフェクトワールド』では松坂、『ミストレス』では杉野遥亮に困らされながらも、息子への深い愛情がにじみ出る母親役をしっかり演じ分けていました」(テレビ誌ライター)

 今や“困った息子を持つ母親”を演じさせたら麻生の右に出る女優はいないのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”