芸能

「生胸見え事故でも熱唱」ハラにあがった称賛と「日本でKARA復活を!」の声

 元KARAのク・ハラ(HARA)が6月26日、「テレ東音楽祭2019」に出演。生放送ならではの“アクシデント”にも襲われたが、何事もなかったかのように歌い抜いたそのプロ根性に称賛の声があがった。

「ハラのテレビ出演は、5月26日に地元韓国で自死未遂を起こして以来1カ月ぶり。しかもいきなりの生歌披露ということもあり、登場した際はかなり緊張した様子でした。しかも、KARAの大ヒット曲『ミスター』を熱唱中、激しいダンスにより着ていたドレスがずり下がり両胸がガッと見えたんです。で、肌色のアンダーウエアとともに深い渓谷が露わになるという“事故”が起きたんですが、そのまま堂々と歌い続けた。そんな彼女の姿に、復活を祝う声と肝が据わった勇姿への絶賛、そして豊かなバストが拝めた歓喜…と、ネット上は大騒ぎになりました」(テレビ誌記者)

 ハラといえば16年にKARAが事実上の解散以後、たびたび来日をしてイベント等に登場していたが、元恋人とのトラブルや整形のカミングアウト、前述の自死未遂と話題に事欠かない一方、その度にバッシングの嵐にもさらされているが、毅然とした態度をとる図太さでも有名だ。

「そうした性格でなければ厳しい韓国芸能界は生き残れないということですが、すでに先日、ハラは韓国ではなく日本の大手芸能事務所と契約を交わしており、ソロ活動での再起を図るという。ただ、日本でのKARA人気はいまだ根強く、今回もネット上では《日本でのKARA復活を見たい》といった声も多くあがっています。他にも活動拠点を日本に置いたり親日家の元メンバーもいることから、今後、その期待はいっそう高まりそうです」(芸能関係者)

 ふたたび旋風を巻き起こすか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ