スポーツ

長嶋茂雄「壮絶リハビリ現場」の衝撃映像(4)左手で丁寧に書いたサイン

 11年の震災直後、長嶋氏は被災した岩手県宮古市に、たくさんの鉢植えとともに「がんばれ宮古」と書いた色紙を贈呈した。

 まるで利き手でそうしたように、左手で書かれた勇気を与える力強い文字。レプリカが市内のいたるところに貼られている様子が、番組内でも紹介されている。その文字について語る地元民は涙ぐみながら、「長嶋さんも頑張っているんだから自分たちも」と決意を新たにするのだった。

 黒江氏も昨年、色紙にサインをもらったという。

「現役時代にサインをお願いすると、『あと何枚書くの? もう100枚?』なんて言いながら、顔はこちらに向けて、チャチャチャチャ~と書いていた。ところが、昨年もらったサインは、左手で丁寧に、一文字ずつきれいに書いてくれました」

 数々の栄光を手にしたスーパースターが、70を超えてなお必死に全力で病と闘い続けているのである。

 深澤氏にも、その執念が伝わってきた。

「昨年、ご自宅にうかがった時に、私はアナウンサーのトレーニングでやる50音の発声練習について話しました。母音は5つしかないわけだから、5つの口の開き方しかないんです、と。すると、『やってみて』と言うので見本を見せると、長嶋さんは姿勢を正して、部屋中に響き渡る声で『あ、い、う‥‥』と最後までやった。その貪欲さに驚きましたね」

 ここまで努力を惜しまない、その原動力は何なのか。

 巨人関係者が話す。

「長嶋さんは野球人として、現場復帰しようという意欲が半端ではない。もちろん1年間、監督として指揮を執るというのは無謀かもしれないですが、球団もその熱意には応えたいので、『1日監督』でも何でもいいので、復帰舞台を用意する準備をしているんです」

 何としても復活したい。長嶋氏の根底にあるものを、深澤氏はこう話す。

「長嶋さんは、昔のイメージを捨てて病状が完治しないまま表に出てきた。相当な勇気がいったはずです。もちろん、皆が待っているということもあるかと思います。しかし、やっぱり本人が外に出ることが好きなんだと思う。長嶋茂雄という存在を別の言葉に置き換えるならば、日本人にとっての『太陽』ですから」

 前出の黒江氏も、長嶋氏の復活にこんなエールを送る。

「ミスターの野球に対する取り組みは常にプラス思考でした。つんのめっても、クソボールでも、タイミングを合わせて打つ。人生も同じで、生涯現役と思っているのでしょう。そして、僕はぜひとも元気な姿で、国民栄誉賞を受賞してほしいと思っているんです」

 壮絶なリハビリに耐えた、長嶋氏の完全復帰を信じたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”