女子アナ

大橋未歩「ヒップトレ」体験ににじむフリーアナ生き残りの厳しさ!

A 17年12月にテレビ東京を退社してフリーアナになった、大橋未歩の活躍ぶりが話題です。

B 6月9日の「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレ東)で見せてくれた、何ともいやらしいパフォーマンスのことね。

A “ヒップトレ”の場面で、ピタピタのスパッツ姿でヒップラインを丸出しにしつつよつんばいになって股を開いて締めたり緩めたり。さらに腰をクイクイと動かしながら、ヒップの部位を意味するズバリの言葉を繰り返して叫んでましたから、まさに「大橋ここにあり!」でしたね。また、アシスタントを務める「5時に夢中!」(TOKYO MX)でも、ご主人の趣味に合わせてボクサータイプのアンダーウエアをはいているなどと意外な肌着事情を自分から明らかにしたり、発言もサービス満点です。

C 番組MCやコメンテーターなど、いわゆるフリー女子アナらしい仕事だけではなく、こうしてタレント的な仕事でも気取らずにこなせるのが、大橋の人気の理由なんだろう。この春からフリーになって苦戦している元TBSの宇垣美里では、こうはいかないからね。だけど、大橋も仕事が好調かどうかといいえば、なかなか評価が難しいところでは?

A 確かに、キー局初レギュラーとなった「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)が3月で終了していますから、現在のレギュラー番組は4月からの「5時に夢中!」だけです。

C 月~木曜日を担当しているけど、東京と近隣県の一部しか受信できないMXだしね。前任者の元日テレの上田まりえはともかく、西尾祐里、上田万由子、田野辺実鈴、内藤聡子という、「誰だ?」な歴代アシスタントの顔ぶれを考えると、ギャラも相当に安いでしょうし、他に仕事があったら断ってもいい仕事に見える(笑)

B 彼女はテレ東退社の直前にも、「モヤさま」で同じようなロケをやっていたよね。あれはフリー活動を見据え“なんでもやります!”感をアピールするための体を張った営業活動だったわけだけど、あれから2年が経とうとしている現在も、実は状況が変わっていないということ。

A 大橋ほどの逸材でも、なかなか仕事にありつけないんだから、現在のテレビ界においてフリーアナの生き残りはホントに厳しいですね。独立が噂される日テレの水卜麻美アナや、NHKの桑子真帆アナには「くれぐれも慎重に」とメッセージを送っておきましょう。

〈座談会メンバー=A:女子アナウォッチャー・たなか是政氏、B:番組制作会社スタッフ、C:夕刊紙デスク〉

(露口正義)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
4
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
5
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛