スポーツ

巨人の「独走状態」にファンの間で早くも広がる“5年前の悪夢”

 後半戦に突入したプロ野球にあって、セ・リーグでは巨人の勢いが衰えず、他球団のファンにとっても久々に憎たらしいほどの強さを見せつけているが、巨人ファンの間ではこの先を見据えた“不吉な予感”が早くも囁かれている。

 5月にはエースの菅野智之や中継ぎ陣の総崩れなどもあり、前半戦は3位で終えたが、交流戦に息を吹き返し気付けばリーグ首位。その後はオールスターまでの10勝1敗という破竹の勢いを維持し、7月18日の対ヤクルト戦で連勝はストップしたものの、2位のDeNAに9.5ゲーム差をつけ(7月18日現在)早くも独走態勢に入っている。

「打撃では何と言っても丸佳浩の活躍が大きく、坂本勇人とのコンビを軸に若手やベテランが要所で仕事をしていることから、4番としては物足りない岡本和真の低成績もまったく目立たない。投手陣では抑えの中川皓太が固定されたうえ、中継ぎ陣の復調によりほぼ盤石といっていいでしょう」(スポーツ紙記者)

 巨人ファンとしては当然このまま2位以下に大差をつけてのリーグ優勝、そして早くも気持ちはポストシーズンへ…といきたいところだが、一方でこんな「イヤなイメージ」が強烈に残っているという。

「巨人は、前回リーグ優勝を果たした14年、この時も2位の阪神に7ゲーム差をつけてのぶっちぎり状態だったのですが、CSではその阪神に4タテを食らい、アドバンテージを除けば1勝もできずに敗退している。この時も原政権で、当時すでに主軸を張っていた坂本などは、その4戦でわずか2安打という惨憺たる結果に終わっている。そうしたことから、現在の大勝ちの状況に、逆に不安の声があがっているわけです」(前出・スポーツ紙記者)

 他球団のファンからすれば、そんな“ぜいたくな悩み”もまた憎たらしい話だが。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
2
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然
3
あのコンビが原因?とろサーモン久保田が上沼恵美子にキレた本当の理由
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは