スポーツ

巨人の「独走状態」にファンの間で早くも広がる“5年前の悪夢”

 後半戦に突入したプロ野球にあって、セ・リーグでは巨人の勢いが衰えず、他球団のファンにとっても久々に憎たらしいほどの強さを見せつけているが、巨人ファンの間ではこの先を見据えた“不吉な予感”が早くも囁かれている。

 5月にはエースの菅野智之や中継ぎ陣の総崩れなどもあり、前半戦は3位で終えたが、交流戦に息を吹き返し気付けばリーグ首位。その後はオールスターまでの10勝1敗という破竹の勢いを維持し、7月18日の対ヤクルト戦で連勝はストップしたものの、2位のDeNAに9.5ゲーム差をつけ(7月18日現在)早くも独走態勢に入っている。

「打撃では何と言っても丸佳浩の活躍が大きく、坂本勇人とのコンビを軸に若手やベテランが要所で仕事をしていることから、4番としては物足りない岡本和真の低成績もまったく目立たない。投手陣では抑えの中川皓太が固定されたうえ、中継ぎ陣の復調によりほぼ盤石といっていいでしょう」(スポーツ紙記者)

 巨人ファンとしては当然このまま2位以下に大差をつけてのリーグ優勝、そして早くも気持ちはポストシーズンへ…といきたいところだが、一方でこんな「イヤなイメージ」が強烈に残っているという。

「巨人は、前回リーグ優勝を果たした14年、この時も2位の阪神に7ゲーム差をつけてのぶっちぎり状態だったのですが、CSではその阪神に4タテを食らい、アドバンテージを除けば1勝もできずに敗退している。この時も原政権で、当時すでに主軸を張っていた坂本などは、その4戦でわずか2安打という惨憺たる結果に終わっている。そうしたことから、現在の大勝ちの状況に、逆に不安の声があがっているわけです」(前出・スポーツ紙記者)

 他球団のファンからすれば、そんな“ぜいたくな悩み”もまた憎たらしい話だが。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
3
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
4
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
5
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”