女子アナ

竹内由恵、テレ朝退社に広がる落胆の声と白羽の矢が立つ弘中綾香への“不安”

 7月20日、テレビ朝日が発表した竹内由恵アナの寿退社に、ファンの悲鳴があがっている。

 竹内アナは今年3月に医師と結婚。一部報道によれば、その夫が地方勤務となり、テレ朝を通し「東京から離れて住むことになり、今の仕事との両立が難しく、新しい生活をスタートする道を選びました」とコメントをよせている。

「退社時期は不明ですが、その後、しばらく仕事をする予定はないと報じられており、担当している『報道ステーション』は9月いっぱいで卒業するという。17年6月にはプロバスケットボールの田臥勇太との熱愛が報じられましたが、昨年3月に破局。その原因は、田臥が宇都宮を拠点とするチームに所属することでの遠距離具合や時間のすれ違いとも言われていましたが、最も大きかったと見られているのが、すでに30代後半となり、現役も終盤に差しかかっている田臥の収入面。安定した家庭を得るためにも、33歳の彼女が選んだ同い年の医師への切り替えは、女性として賢明な選択と言えるでしょうね」(芸能記者)

 そうした中、結婚を機にフリーへの転身説は囁かれていたが、退社後、いったん家庭に入るということに対しては驚きとともに落胆の声が広がっている。

「SNSでも《テレビで見られなくなるのがショック》《報ステを観る意味がなくなる》といった投稿が多く見られますね。田臥との熱愛が発覚したあたりから各マスコミが発表する“好きな女子アナランキング”では圏外になっていますが、その美貌とアナウンサーとしての実力に、結婚してもなお根強いファンは多いということです」(夕刊紙記者)

 それにしても、想定されていたこととはいえ、宇賀なつみアナや小川彩佳アナといったエース級の女子アナが退社している昨今のテレ朝にとって、竹内アナの件もかなりの痛手であることは間違いない。

「ポスト竹内アナで言えば、『ミュージックステーション』のサブ司会で竹内アナの後を継いだ時期もあった、弘中綾香アナ。現在、レギュラーは1本のみであることから、白羽の矢が立つ可能性はあります。ただ、バラエティーしか経験がないうえに、人気がある一方でアンチも多く、彼女にもまた独立説が囁かれている。重要ポストを任せきれるかというと不安な面もありますね」(前出・夕刊紙記者)

 竹内アナ離脱の影響は大きそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声