女子アナ

竹内由恵、テレ朝退社に広がる落胆の声と白羽の矢が立つ弘中綾香への“不安”

 7月20日、テレビ朝日が発表した竹内由恵アナの寿退社に、ファンの悲鳴があがっている。

 竹内アナは今年3月に医師と結婚。一部報道によれば、その夫が地方勤務となり、テレ朝を通し「東京から離れて住むことになり、今の仕事との両立が難しく、新しい生活をスタートする道を選びました」とコメントをよせている。

「退社時期は不明ですが、その後、しばらく仕事をする予定はないと報じられており、担当している『報道ステーション』は9月いっぱいで卒業するという。17年6月にはプロバスケットボールの田臥勇太との熱愛が報じられましたが、昨年3月に破局。その原因は、田臥が宇都宮を拠点とするチームに所属することでの遠距離具合や時間のすれ違いとも言われていましたが、最も大きかったと見られているのが、すでに30代後半となり、現役も終盤に差しかかっている田臥の収入面。安定した家庭を得るためにも、33歳の彼女が選んだ同い年の医師への切り替えは、女性として賢明な選択と言えるでしょうね」(芸能記者)

 そうした中、結婚を機にフリーへの転身説は囁かれていたが、退社後、いったん家庭に入るということに対しては驚きとともに落胆の声が広がっている。

「SNSでも《テレビで見られなくなるのがショック》《報ステを観る意味がなくなる》といった投稿が多く見られますね。田臥との熱愛が発覚したあたりから各マスコミが発表する“好きな女子アナランキング”では圏外になっていますが、その美貌とアナウンサーとしての実力に、結婚してもなお根強いファンは多いということです」(夕刊紙記者)

 それにしても、想定されていたこととはいえ、宇賀なつみアナや小川彩佳アナといったエース級の女子アナが退社している昨今のテレ朝にとって、竹内アナの件もかなりの痛手であることは間違いない。

「ポスト竹内アナで言えば、『ミュージックステーション』のサブ司会で竹内アナの後を継いだ時期もあった、弘中綾香アナ。現在、レギュラーは1本のみであることから、白羽の矢が立つ可能性はあります。ただ、バラエティーしか経験がないうえに、人気がある一方でアンチも多く、彼女にもまた独立説が囁かれている。重要ポストを任せきれるかというと不安な面もありますね」(前出・夕刊紙記者)

 竹内アナ離脱の影響は大きそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」