芸能

宮迫博之が島田紳助と沖縄で闇合体(1)契約解消直前に「宮古島潜伏」

 闇営業問題で去就が注目されていた「雨上がり決死隊」の宮迫博之が、所属事務所の吉本興業から契約を解消された。その決定打となったのが半グレグループメンバーとの「ギャラ飲み」写真。もはや退路を断たれた宮迫が、最後に泣きついたのは、裏社会との交遊で引退した島田紳助その人だった。

「(6月)24日、急遽会社に全員が呼び出されました。その時に『全員謹慎です』と告げられました。その時に亮くんが『記者会見をやらせてください。全部自分たちの口で、金額、経緯、事実を伝えさせてください』と声を上げてくれました。ダメだと言われました。その時、吉本興業の岡本社長がそこにいた『弁護士、社員全て出ろ』と。僕たちと岡本社長5人だけになりました。まず最初に岡本社長がおっしゃったのは『お前らテープ回してないやろな』と言われました。『亮、ええよ、お前辞めて1人で会見したらええわ、やってもええけど、そんなら全員、連帯責任でクビにするからな。それでもええんなら記者会見やれ』と言われました。『俺にはお前ら全員クビにする力があるんや』と。全員、何も言えなくなりました」

 7月20日の午後3時、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに緊急記者会見を開いた「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)は、憔悴しきった様子ながら、古巣の吉本興業を批判。闇営業問題への謝罪と弁明の会見は2時間半に及んだ。

 宮迫といえば、闇営業問題でカラテカの入江慎也(42)と並ぶ首謀者の一人と言われていたが、本人は否定。ところが追い打ちをかけるように19日発売の「FRIDAY」で、16年7月に福岡県で発生した7億6000万円金塊強奪事件の主犯格の被告を含む半グレグループとの記念撮影の写真を掲載。その場で「謝礼」として5万~10万円の金銭をもらっていたとの証言まで飛び出したのだ(宮迫本人は記者会見で否定)。お笑い関係者の話。

「しかも撮影した日付が16年の7月27日で、金塊強奪事件が発生した7月8日から19日後のことだった。つまり半グレグループは逃走中に、宮迫との写真を撮影したことになる。さすがに弁解の余地はないでしょう」

 これには、吉本側も対応に苦慮。一時は慰留する事務所幹部の声も出たというが、相次ぐ反社会的勢力とのズブズブの蜜月ぶりが露呈すると、一切、擁護の意見は出なかった。結果、契約解消という事実上のクビとなったのだ。芸能ジャーナリストが語る。

「宮迫さんは当初、『FRIDAY』に大規模振り込め詐欺グループの忘年会に参加して100万円のギャラを受け取っていたことを指摘されると、『そんなカネはもらってへんよ』と否定。ところが、結果的に吉本側は宮迫が100万円をもらっていたと認定。当座の謹慎処分を言い渡したやさきに、別のグループとの写真が出たことで、さすがに観念したようだ。業界関係者の間では、宮迫の闇営業は半ば常態化していたこともわかっており、幹部はもとより芸人仲間からも『裏切られた』と総スカン状態になっている。もはや居場所がなかったです」

 身から出た錆とも言えるが、宮迫自身は約2カ月に及ぶ「闇営業」のキャンペーン記事が出るたびに事務所関係者から誌面を見せられ、「他にも反社会的勢力との接触があったか?」と再三問われていたが、全て否定。しかし、徐々に疲労困憊し、メンタル的にも不安定な状況が続いていたという。吉本の内情を知る芸能記者が明かす。

「宮迫の謹慎生活は家族も同居しているので、比較的平穏に過ごしているようだが、周囲の関係者は毎日、安否を確認する連絡を取るなど、気が抜けない状態。契約解除の直前には、一時的に雲隠れさせる案も出ていたのです」

 そこで浮上したのが、沖縄での隠遁生活だった。芸能記者が続ける。

「宮迫は以前から、オフにはたびたび家族で訪れていた沖縄はいわば思い出の地。ただ、ホテルなどの宿泊では一般客にバレてしまうだけにコテージや別荘などの物件を借りるプランもあった」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」