芸能

宮迫博之が島田紳助と沖縄で闇合体(1)契約解消直前に「宮古島潜伏」

 闇営業問題で去就が注目されていた「雨上がり決死隊」の宮迫博之が、所属事務所の吉本興業から契約を解消された。その決定打となったのが半グレグループメンバーとの「ギャラ飲み」写真。もはや退路を断たれた宮迫が、最後に泣きついたのは、裏社会との交遊で引退した島田紳助その人だった。

「(6月)24日、急遽会社に全員が呼び出されました。その時に『全員謹慎です』と告げられました。その時に亮くんが『記者会見をやらせてください。全部自分たちの口で、金額、経緯、事実を伝えさせてください』と声を上げてくれました。ダメだと言われました。その時、吉本興業の岡本社長がそこにいた『弁護士、社員全て出ろ』と。僕たちと岡本社長5人だけになりました。まず最初に岡本社長がおっしゃったのは『お前らテープ回してないやろな』と言われました。『亮、ええよ、お前辞めて1人で会見したらええわ、やってもええけど、そんなら全員、連帯責任でクビにするからな。それでもええんなら記者会見やれ』と言われました。『俺にはお前ら全員クビにする力があるんや』と。全員、何も言えなくなりました」

 7月20日の午後3時、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに緊急記者会見を開いた「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)は、憔悴しきった様子ながら、古巣の吉本興業を批判。闇営業問題への謝罪と弁明の会見は2時間半に及んだ。

 宮迫といえば、闇営業問題でカラテカの入江慎也(42)と並ぶ首謀者の一人と言われていたが、本人は否定。ところが追い打ちをかけるように19日発売の「FRIDAY」で、16年7月に福岡県で発生した7億6000万円金塊強奪事件の主犯格の被告を含む半グレグループとの記念撮影の写真を掲載。その場で「謝礼」として5万~10万円の金銭をもらっていたとの証言まで飛び出したのだ(宮迫本人は記者会見で否定)。お笑い関係者の話。

「しかも撮影した日付が16年の7月27日で、金塊強奪事件が発生した7月8日から19日後のことだった。つまり半グレグループは逃走中に、宮迫との写真を撮影したことになる。さすがに弁解の余地はないでしょう」

 これには、吉本側も対応に苦慮。一時は慰留する事務所幹部の声も出たというが、相次ぐ反社会的勢力とのズブズブの蜜月ぶりが露呈すると、一切、擁護の意見は出なかった。結果、契約解消という事実上のクビとなったのだ。芸能ジャーナリストが語る。

「宮迫さんは当初、『FRIDAY』に大規模振り込め詐欺グループの忘年会に参加して100万円のギャラを受け取っていたことを指摘されると、『そんなカネはもらってへんよ』と否定。ところが、結果的に吉本側は宮迫が100万円をもらっていたと認定。当座の謹慎処分を言い渡したやさきに、別のグループとの写真が出たことで、さすがに観念したようだ。業界関係者の間では、宮迫の闇営業は半ば常態化していたこともわかっており、幹部はもとより芸人仲間からも『裏切られた』と総スカン状態になっている。もはや居場所がなかったです」

 身から出た錆とも言えるが、宮迫自身は約2カ月に及ぶ「闇営業」のキャンペーン記事が出るたびに事務所関係者から誌面を見せられ、「他にも反社会的勢力との接触があったか?」と再三問われていたが、全て否定。しかし、徐々に疲労困憊し、メンタル的にも不安定な状況が続いていたという。吉本の内情を知る芸能記者が明かす。

「宮迫の謹慎生活は家族も同居しているので、比較的平穏に過ごしているようだが、周囲の関係者は毎日、安否を確認する連絡を取るなど、気が抜けない状態。契約解除の直前には、一時的に雲隠れさせる案も出ていたのです」

 そこで浮上したのが、沖縄での隠遁生活だった。芸能記者が続ける。

「宮迫は以前から、オフにはたびたび家族で訪れていた沖縄はいわば思い出の地。ただ、ホテルなどの宿泊では一般客にバレてしまうだけにコテージや別荘などの物件を借りるプランもあった」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
老化でもう限界!?太川陽介、バス旅で犯した「致命的なミス」とは
2
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(中)相手にもされなかった“大物俳優”
3
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(上)人気下落を生んだ過去の“大本命”
4
加藤綾子が「アナザースカイ」で語れなかった“中3でホストと交際”過去
5
裏で1人でヤッてた!?「テラスハウス」史上最悪の展開にネットが大荒れ!