芸能

芸能界「隠れ歌うま女王」最新番付(1)篠崎愛が吉木りさとの直接対決で圧勝

 抜群の演技力を誇る女優や、パーフェクトなボディで魅了するグラドルたち。ところが、彼女たちには知られざる「もうひとつの武器」があった。それは、そこいらの歌手がハダシで逃げ出す歌唱力の持ち主であること! 本業の歌手も真っ青の「隠れ歌うま女王」の最新番付を発表する。

     ※

 そうそうたる歌自慢の美女たちにあって、堂々の「東横綱」を張ったのが高畑充希。昨年、オンエアされた「NTTドコモ」のCMでは、X JAPANの「紅」を熱唱し、ぶっとびの歌唱力とメガ音圧に騒然となった。

 もともと舞台出身だけに地声のパワーが凄く、あの黒木瞳がこう評価した。

「歌声の力強さ、なめらかさが素晴らしくて度肝を抜かれました」

 そして来年には、念願だったミュージカル「ミス・サイゴン」のヒロイン・キム役が決定。規格外の歌声が会場のすみずみまで響きわたるはず。

 西の横綱は、グラビアファンにはおなじみの篠崎愛だ。14年には「関ジャニの仕分け∞」(テレビ朝日系)のカラオケ対決で90年代の歌姫・華原朋美に勝利し、一躍、その歌声が話題になった。

「童顔の爆裂バストで、そのうえ歌もうまいなんて、どれだけの才能だよ」

 ネット上にはそんな意味の賛辞の声があふれかえった。もし、80年代にデビューしていたら、河合奈保子のポジションにいけたという意見もあったほど。

 もともと歌手志望だっただけに透明感あふれる歌声は天性のもので、以降もカラオケ番組などで何度も栄冠に輝いている。

 グラビア系で篠崎のライバルと呼べるのが、東大関に位置する吉木りさだろう。5月5日にオンエアされた「芸能界隠れ歌うま王決定戦」(テレビ東京系)では、坂本冬美の「夜桜お七」を歌い、98点以上の高得点で優勝を飾っている。

 もともと吉木は演歌歌手でデビューしていた。だが、まったく売れず、天下を獲ったのはグラビアのほうだったのだ。

 そんな吉木は番組で篠崎愛と対決したことがある。吉木はB‘zの「ultra soul」を、篠崎はZARDの「負けないで」を歌い、この対決は94対88で篠崎が勝利。いつかリベンジの機会は訪れるだろうか──。

 西の大関は女優の吉田羊。芸能評論家の織田祐二氏が言う。

「18年2月、JUJUのアルバム『I』にて、平井堅の楽曲提供となるデュエット曲『かわいそうだよね(with HITSUJI)』を歌いました。JUJUのボーカルを受けて2コーラス目から堂々たる歌いっぷり。PVでは肩出し、胸元ゆるめの衣装でそっちに視線が行ってしまう(笑)。寝る前に、耳元で歌ってほしい声です」

 吉田はオンエア中の「ENEOS」のCMでも、ドリカムの吉田美和に続けて歌声を披露。ただ、あまりに吉田に感化されると、歌声が鼻につくという危険性も秘めている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変