芸能

遠藤憲一も驚天!「緊張しない」と豪語する嵐の「鋼鉄心臓」の秘密

 8月8日放送の「VS嵐」(フジテレビ系)に、コワモテ系俳優の遠藤憲一が出演し、かつて嵐・櫻井翔と共演した際、びっくりさせられたことがあるという話を打ち明けた。

 それは、とある音楽番組でのこと。ノミの心臓の持ち主で緊張しまくりの遠藤を横目に、櫻井翔は涼しい顔でいつもと変わらぬ自然体だった。落ち着き払った姿に、「緊張しないの?」と遠藤が聞くと、「しない」と答えたそうだ。ベテラン歌手でさえ舞い上がってしまう国民的歌番組「NHK紅白歌合戦」の白組司会を務めた時も、まるで緊張せず、そもそも「緊張したことがない」と打ち明けたのだという。

「遠藤は今、この瞬間ですら緊張してグダグダになっているのに、『どうやればそうなれんのかな?』と不思議に感じたそうです。櫻井のように緊張しないでいられるなら、こんなありがたいことはない。役になりきっている時は怖いものなしの遠藤の素顔は、酒を飲まない限り、気分もデカくなれない腰の低いおじさんです。畑違いのバラエティー番組は借りてきた猫状態で、ワラにもすがる気持ちで櫻井に尋ねたのでは…」(芸能ライター)

 とはいえ、櫻井の返事に遠藤はますます目が点になったとか。

 この日の「VS嵐」では、この遠藤の疑問に対し、櫻井はジャニーズJr.時代の経験によって緊張を感じなくなり、メンバー全員が緊張しないと答えた。何時間か前に振付を覚えてすぐ本番に出演することばかりだったからだという。ここで、「緊張感はあるけどね」と口を開いたのは松本潤。ただ、少しそわそわする程度だとか。その松本が続けてスタジオの児嶋一哉に「新曲の振りを間違えちゃヤバイ!とかないの?」と聞かれると「ないない、間違いは間違いだもん」。実にあっけらかんとしたもので、肝の据わり方は半端ではなかったのだ。

「初めての振り付けを30分で覚えるなんてのは、全員朝飯前。一番覚えがいいのは、二宮和也で、あっという間に覚えてしまいますよ。コツコツ努力する姿を誰にも見せたがらないのは、大野智。せっかく覚えてもすっぽり忘れてしまうドジをやらかすのは、相葉雅紀です。Jr.時代は先輩の振りを覚え、それに合わせた自分の振りも覚えなければならない。歌、芝居、コント、早着替えなど覚えることは山ほどあって、若い頃に骨の髄まで叩きこまれてきて緊張するヒマすらなかったというのが本当のところなのでは…」(ジャニーズウオッチャー)

 まず、とことん努力する。もし失敗しても、クヨクヨ悩まない。嵐が大舞台に強いのには、納得の理由があった。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”