芸能

“加藤の乱”が影響!?近藤春菜、チャリティマラソン走者に選ばれた理由とは

 8月24~25日に放送される「24時間テレビ」(日本テレビ系)のチャリティマラソンにて、駅伝ランナーの一人を務める近藤春菜の走行距離が、フルマラソン相当の42.195キロから10キロ減らされることがわかった。日本テレビでは猛暑による熱中症やケガのリスクを考慮しての措置と説明している。

「今週末の東京は降水確率が50%と予想されており、猛暑は多少和らぐものの、ひどい蒸し暑さや雨に悩まされる悪コンディションとなりそう。高い湿度ではランナーの身体的負担が大きくなるので、距離短縮は正しい判断でしょう。とはいえ運動経験がほとんどなく、体脂肪率が44.7%と計測されたこともある春菜にとっては32キロも過酷すぎる長距離。膝や股関節を故障する恐れは十分に高く、彼女にとっては芸人生命を賭したチャレンジとなりそうです」(テレビ誌ライター)

 このチャリティマラソンでは春菜のほかに、いとうあさことガンバレルーヤ・よしこが参戦。二人は同局の「世界の果てまでイッテQ!」の常連で、このマラソン企画自体も「イッテQ!」の番組内で発表されている。そうなると同番組とさほどの関わりを持たない春菜がメンバーに選ばれているのは意外な感じもするが、今回の人選には日テレとして納得の理由が込められているというのだ。

「春菜は日テレの情報番組『スッキリ』にレギュラー出演していますが、闇営業問題に端を発した吉本興業の騒動を巡っては、かなり損な役回りを与えられる形となりました。番組MCの加藤浩次は吉本興業に対する言いたい放題で“加藤の乱”ともてはやされたのに対し、春菜のほうは、時には芸人代表の立場でコメントを求められ、時には加藤のフォローに回るなど、その場その場で都合よく使われてきたのです。その春菜が涙を流しながら吉本騒動について語る姿は視聴者の共感を呼び、暴走しがちな加藤を抑える役目も果たしたことで、日テレ側にとっては実に有難い存在となりました。それゆえ局としてはチャリティランナーという大役を与えることで、彼女にスポットライトが当たるように配慮したのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 しかも「スッキリ」のレギュラーを務める春菜は、本来なら翌週の出演に影響を与えかねないチャリティランナーを辞退してもいい立場のはず。それでもこの大役を受けてしまうところもまた、春菜らしいのではないだろうか。無事にチャリティマラソンを完走した暁には、日テレでは春菜を三顧の礼で迎え入れるのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン