芸能

視聴率のカギを握る!バラエティ系TV番組改編事情

 今春、みごとに差が出た各局の改編事情。改編が吉と出るか、それとも変化なしが功を奏すか!?

 4月改編のバラエティは、フジテレビ5本、TBS4本、日本テレビ3本、テレビ朝日2本となった。広告代理店関係者が解説する。

「各局、キーワードは『安定・現状維持』で、金のかかる新番組の立ち上げはなし。『アイアンシェフ』(フジ)のように高予算で低視聴率だと、あっという間に打ち切りになるので、冒険をしたくないのでしょう。だからどの局も代わり映えしない内容、キャスティングなんです」

 その方針に沿って、安定した高視聴率を保っているのはテレ朝である。関係者が勝因を明かす。

「実は、うちは昔から改編時の変化が少ないほう。どの番組も、見てほしい視聴者層に向けてピンポイントに作り、粘り強く続けている。ムダがないんですよ」

 対照的に“安定”とは程遠い位置にいるフジテレビ関係者の表情は正直、渋い。

「マニアックな構成や田村淳の起用が主婦層の反感を買った『知りたがり!』が打ち切られましたが、後番組の『アゲるテレビ』も期待はできません。現場では『ひるおび!』(TBS)や『ヒルナンデス』(日テレ)のように、開始当初は視聴率が悪くても、少しずつ修正しながらやり続け、視聴者を定着させることが大事だと考えていましたが、上層部はちょっとでもダメだと即終了。このままでは今回も同じです」

 他には“即戦力”の加藤浩次やマツコ・デラックスをMCに据えた新番組が始まるが、

「他局のマネをしたような同じ顔ぶれで、いまさら視聴者が戻ってくるのか」(前出・フジテレビ関係者)

 と、懸念されているという。

 次に新番組が多いTBSは、意外にも局内に危機感はないという。

「新番組の『世界の村で発見!こんなところに日本人』もそうですけど、会議で『あの番組みたいなのやりましょうよ』で企画が通ったりするほど、うちはパクリが多い(笑)。さらにこの春は、編成がテレ朝とほぼ同じで、まさかそこまでパクるのかと驚きましたが、みんなあまり深刻に考えていません」(TBS関係者)

 そんな中、意欲的な改編を見せるのは日テレだ。

「フジは全新番組のキャストを吉本興業で固めましたが、うちは内村光良や有吉弘行を起用し“吉本離れ”が顕著。吉本はいろいろ問題も起こしブランド力も落ちているし、頼らずやっていく方針のようです」(日テレ関係者)

 さて、これを専門家はどう見るのだろうか。上智大学文学部教授(メディア論)の碓井広義氏は鋭い指摘をする。

「まずフジは、タイトルの付け方からしてアンテナがズレている。“アゲる”や“テッパン”はちょっと前にはやった言葉。“あすなろ”は懐かしの『あすなろ白書』を想起させます。上層部が過去の成功体験でジャッジして大コケした『アイアンシェフ』の二の舞にならないか心配。今クールでのV字回復はなさそうですね。

 日テレは、『笑神様は突然に…』は『イッテQ!』のような日テレ特有のヒットを飛ばすかも。学生からの投稿を題材にした『赤丸!スクープ甲子園』はモラル問題の懸念がある。『有吉反省会』は有吉さんより格下のタレントが出てきた場合、“イジリ”が“イジメ”につながってしまう可能性も‥‥」

 さらに、TBSの「モニタリング」は、昨年10月から深夜枠で放送しており、4月からゴールデン進出となったが、「何でもかんでもすぐに深夜から持ってくるという傾向は心配」という声も上がっている。そんな中、いちばん安心できるのは、やはりテレビ朝日だという。

「昨年度の年間視聴率で、1冠は日テレに譲りながらも2冠を獲得。とにかく編成のバランスがよく、夕方の『相棒』再放送から、そのまま2時間枠でバラエティが始まり、9時からドラマ、10時からニュースと、他の局に浮気させない流れなんです」(碓井氏)

 テレ朝×日テレの“新2強時代”に突入するのか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
4
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
5
ダレノガレ明美、トレ写真で魅せていたバスト渓谷&衝撃「下腹部盛り上がり」!