スポーツ

天才は忘れた頃に…?中日・根尾昴が「来季の顔」になる与田改革の“深意”

 9月27日、中日・根尾昂がついに一軍登録された。30日の今季最終戦を含め、2試合に途中出場。打席では2打数2三振と、ルーキーイヤーは初安打とはならなかった。

「18年ドラフト会議でもっとも高い評価をされたのが、根尾。自主トレ、キャンプ序盤での故障による出遅れが響き、12球団の1位指名選手の中で、一軍昇格はいちばん最後となってしまいました」(ベテラン記者)

 しかし、中日は「根尾中心」のチーム作りに舵を切ったのは間違いない。

「根尾は二軍戦108試合、444打席に立たせています。チーム最多です。失敗を含め、実戦の中で育てていく方針を貫きました。一軍に上げる時はレギュラー争いができる状態と決めていました」(前出・ベテラン記者)

 ナンバー1の人気選手ゆえに“顔見せ”での一軍昇格を進められた時期もあった。こうした根尾の育成状況を聞くと、「チームの顔」として大きく育てようとしているのもわかる。また、引退危機が囁かれた松坂大輔に絡めて、こんな声も聞かれた。

「二軍戦でもっとも声援が送られるのは、松坂ではなく、根尾でした。松坂人気に頼りきった現状を変えるためにも、プロのスピードに慣れてきた今、終盤戦であっても一軍を経験させたほうが良いと首脳陣は判断しました」(名古屋在住記者)

 打撃成績は二軍通算2割1分だが、9月だけなら、62打22安打で3割5分5厘と急成長している。こんな情報も聞かれた。

「根尾に関する情報は、与田剛監督にもこと細かに報告されていたようです。実は、6月に根尾の昇格が一度話し合われました。森野将彦二軍打撃コーチが『他選手のバットスイングをよく見ろ』と助言し、スイング軌道やスピードについて自分に足りないものを理解させました。つまり、森野コーチはヒントを与えたのであって、根尾自身が考えて、自分をスキルアップさせたんです。その野球頭脳の高さに一軍首脳陣も関心していました」(前出・名古屋在住記者)

 今回、一軍の試合を間近で見るだけでも「来季につながる」と、与田監督は確信しているのだろう。来季は一軍戦で根尾を育てていくというスタイルが、中日の地元ファンに対するアピールポイントともなりそうだ。ショートでスタートさせるが、京田のほうが守備力で勝ると判断されれば、外野で大島とセンターでレギュラーを争わせるという。

「根尾を育てているとなれば、たとえ敗戦試合でもファンの捉え方が違ってきます」(前出・名古屋在住記者)

 根尾のチームに舵を切ったのは、このへんにも理由がありそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
4
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃