芸能

明菜、ちあきなおみ、小柳ルミ子…大ヒット歌手はベッドシーンも圧巻だった!

 暮れが近づくと「紅白歌合戦」や「日本レコード大賞」が、季節の風物詩として人々の関心をさらった。特に歌謡曲全盛だった昭和の時代は、一家そろって大みそかの夜を楽しんだものである。

 そんな華やかな舞台を演出した「歌姫たち」は、女優としても抜群の表現力を誇った。それは、「濃密ベッドシーン」においても、いかんなく発揮された。

 例えば、女性歌手で初めてレコード大賞を連覇(85~86年)した中森明菜は、93年のスペシャルドラマ「悪女II サンテミリオン殺人事件」(フジテレビ系)で、保阪尚希を相手に渾身のベッドシーンを見せた。

「ベッドの中で服を着ていたら不自然でしょ」

 当時、明菜が撮影に臨んで言った“女優魂”であり、年下の恋人という設定の保阪を完全にリードしていた。

 一方、事実上の引退から30年近く経った今も待望論が絶えない伝説の歌姫・ちあきなおみは、西城秀樹主演の「傷だらけの勲章」(86年、東宝)で、ベテランの中村嘉葎雄を相手に、かぐわしいラブシーンを見せている。そんなちあきと72年のレコード大賞を激烈に争った小柳ルミ子は、一糸まとわぬすがたを見せた「白蛇抄」(83年、東映)で、日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞に輝いている。

 歌声だけでなく、演技でも悩ましい息づかいを見せた大ヒット歌手たち──11月5日発売の週刊アサヒ芸能11月14日号では、実に30人近い歌姫の“艶芝居”を詳報している。ヒット曲を聴いてから観るか、それとも観てから口ずさむか…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
2
熊田曜子だけじゃない!?「大人の夜の玩具」を愛用する女性芸能人とは?
3
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判
4
神田愛花、「水バラ」名物お風呂シーン“NG”に上がった大ブーイング!
5
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃