芸能

やしきたかじん「ナニワの帝王伝説」(5)東京撤退を決めた激怒事件

「たかじんnoばぁ~」の人気と相前後して、たかじんは東京進出を画策。その時は、先輩に当たる上岡龍太郎に相談するなど、本気で全国制覇を狙っていたという。

 当時を知る在京テレビ局関係者が語る。

「たかじんさんは、東京進出にあたって、上岡さんのアドバイスを参考にかなり綿密に作戦を練っていた。とりわけ、東京のキー局は規制が多く、出演者よりも制作者側の力関係が強いことから、イニシアティブを握らせないように、旧知の出演者を配するなどして、なるべく大阪の番組の雰囲気に近い収録環境にしようと気を張っていました。それだけに、関西のどこかノリのいい感じとは違って、どこかピリピリしたところがありました」

 そうした最中に、トラブルが発生する。生放送中に激怒したたかじんが、番組を投げ出して帰宅してしまうという騒動が起きたのである。放送担当記者が振り返る。

「たかじんさんが怒ったのは、テレビ朝日で放送していた『M10』という番組でのことでした。番組上、料理学校の生徒と料理を作ることになっていたが、途中で化学調味料がないことに気づいたたかじんが、『調味料はどこじゃーっ』と何度も連呼。ところがスタッフが誰も対応しないばかりか、最後まで調味料が出てこないことに感情がヒートアップした。最終的に『こんな腐った番組辞めたる!』とタンカを切って、そのまま生放送中にもかかわらずボイコットしてしまった」

 しかし、テレビ局の上層部は、このトラブルに対して、一切、たかじんを擁護することなく、番組は打ち切りの憂き目に。この一件で、たかじんは東京の番組には一切出演しなくなってしまったのである。

 制作スタッフが言う。

「たかじんさんは、番組のスタッフも一種のファミリーのように接するべきだと思っている。だから、毒舌でリスクを冒しつつ本音をぶつけても、最後には番組スタッフが防波堤になってくれるという信頼関係が前提になっているんです。その関係を構築するために、関西のレギュラーではガンになる前までは、収録終わりは必ず飲み会でした。収録が2本撮りで夕方6時か7時に終わってから楽屋でずっと飲みっぱなし。延々と6時間続くこともありました。たかじんさんが帰ると言うまで帰れないし、楽屋で飲む時は、酒は本人が持ってくる。焼酎とワインが多かったですね。ある時、ロマネコンティを持ってきてみんな飲め、とADにもふるまっていました。とりあえずおいしいですね、と喜んでいましたけど、味はハッキリ言ってわからなかった。でも、飲める経験なんて一生ないでしょうからいい思い出です。そのロマネコンティは50万円ぐらいだったと思います。スタッフにも味を覚えろということだったんでしょう。一見ぶっきらぼうですが、てれ屋で気を遣う人です」

 かつては、自身でテレビ制作会社を率いていたこともあるたかじんだけに、スタッフの人心を掌握してこそ、「視聴率王」の座を維持できるということを本人がいちばん身にしみてわかっているのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
2
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
3
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
西内まりや、「全裸監督2」グラインド騎乗シーン映像で飛び交う期待と不安の声