芸能

天才テリー伊藤対談「中田敦彦」(3)2万円のTシャツも売ってみせます

テリー 登録者が130万人もいるチャンネルって、要するに高視聴率のテレビ番組みたいなものだけど、プレッシャーはないの。

中田 100万人になるぐらいの時は確かに妙な緊張感はありましたが、ある意味フッ切れたというか。結局、なるようにしかならないし、数字やお金にこだわると心がバーストしちゃいますし、実際それでダウンしちゃうユーチューバーさんもいるんです。だから「やりたいことをやる」だけですね。その保険として、オンラインサロンや物販でお金が入る仕組みを作っている感じです。

テリー オンラインサロンって何なの。

中田 早い話が、毎月お金を払ってもらうファンクラブみたいなものです。入会してもらえると、僕のYouTubeの公開収録や月イチのイベントにも参加できる。で、公開収録の帰りに「Tシャツを買っていってください」って呼びかけるんです。今着ているTシャツがそうです。

テリー それ、いくらで売っているの。

中田 これは2万円です。

テリー ええっ、それ高くないか?

中田 自分の価値がどれくらいか知りたかったし、物の価格を自分で決めてどこまで売れるのか、というのをやりたかったんです。だから2万のTシャツでも売ってみせる、と。

テリー で、実際に売れているの?

中田 購入者は公式インスタグラムのモデルとしての撮影会に参加することができるし、イベントにドレスコードを設けてこのTシャツを着てもらうようにしているので、けっこう売れるんです(笑)。

テリー もはや教祖様みたいなものじゃないの。

中田 アハハハ。やり方はディズニーランドと何も変わらないんですよ。要は「美女と野獣」の映画(=動画)を見て、その世界に入りたければディズニーランド(=オンラインサロン)へ行けばいい。楽しんだあとは思い出のグッズを買って帰ってください、ということですから。

テリー あぁ、なるほど。そういうことか。

中田 極端な話、「仮面ライダー」だって、ある意味ライダーベルトやフィギュアを売るために作られているドラマじゃないですか。物販のためのドラマ。そういう動画を僕も作ろうと思っていて‥‥あ、実は今、「XENO」というカードゲームの開発もしているんですよ(と、テリーに手渡す)。

テリー えー、何でもやってるなァ。

中田 YouTubeにゲストを呼んで、このゲームの対戦動画を上げていく。見ておもしろそうだと思ったら買ってください、と。これはTシャツとは逆の発想で本体価格700円、薄利多売を目指します。トランプやUNOみたいな、カードゲームの一大ムーブメントを生み出したいんです。

テリー いろいろ考えてるなァ。しかしあっちゃん、表情が柔らかくなったね。

中田 本当ですか? (テリーと共演していた)「ビビット」や「爆報!THEフライデー」の出演時はまさに悩んでいた時期でしたからね。

テリー 相方の藤森(慎吾)くんは、こういうあっちゃんの動きについて、何か言っているの。

中田 相方はテレビにずっと出ていたいタイプですから、最初は「大丈夫?」みたいな感じで不安がっていました。でも、ようやく形になってきたので、認めてくれていると思います。僕も別にテレビに出ないわけではないし、2人の仕事も残していますから。お互いを応援しつつ、自分のやりたいことをやっていけるといいですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”