スポーツ

「ダメダメだった」藤浪がすがる“物理オタク投手”のビックリ練習法!

 今季ゼロ勝、傷心の阪神・藤浪晋太郎が科学的トレーニングに「最後の望み」を賭けた。

 秋季キャンプでは山本昌臨時コーチの助言と指導によって「復活」の手応えも掴んだように見えたが、その成果は表れなかった。復活のお披露目となるはずだった紅白戦で、2回3安打2四球3失点…。暴投まで記録してしまい、翌日は投手コーチ総出でブルペン投球を指導していた。

「矢野燿大監督も『方向性は間違っていない』とかばってはいましたが…」(在阪記者)

 そんな負のスパイラルから抜け出せない藤浪がすがったのが、科学的トレーニングだ。

「今季途中、インディアンズからレッズに移籍し、トータルで11勝を挙げたトレバー・バウアーが心酔していることでも有名です。米・シアトルに本部を構えるトレーニングジムなんですが、千葉ロッテも今オフ、コーチと若手投手を現地に派遣しています」(前出・在阪記者)

 藤浪はその「ドライブラインベースボール」なるトレーニング組織に連絡を取り、沖縄での集中レッスンに参加することになった。

 どんなトレーニングをプロのピッチャーたちに指導しているのかというと、通常よりも重いボールを投げさせている。そして全身にセンサーを装着して動作解析も行い、各自の体に適した投球フォームを勧めているそうだ。

 その効果は2018年にバウアーが急成長したことでも立証済み。しかし、

「バウアーは“物理オタク”で、周りの空気が読めないところもあります。インディアンズは選手の自由、独自の調整法を認める寛大なチーム。他球団だったら、バウアーの調整は許されなかったでしょう」(米国人ライター)

 と、批判的な指摘もあった。もっとも、千葉ロッテも現地にコーチを派遣したくらいだから、興味深い指導がされているのは間違いないはずだ。

 また、藤浪も理論派だ。練習量を多くして自分を追い込んでいくのではなく、体を動かす前に「この練習の意義は?」と考えるタイプだ。物理オタクのバウアー同様、データで解説する指導が合っているのかもしれない。ただ、専門家の見方は厳しい。

「いや、自分が積み重ねてきたもの、今、取り組んでいる練習に自信が持てないから、新しいことをやりたがるんです。復活したいという気持ちはわかります。でも、来年はプロ8年目。同級生の大谷翔平、広島・鈴木誠也が一人前になっている中で、新しいことばかりに目を奪われ、結果がついてこないという繰り返しにならなければいいんですが…」(前出・在阪記者)

 理論派であることと、プロで一人前のオトナになることは違うようだ。来春キャンプで投手コーチが新たな助言をしたら、また迷い始めるのでは?そうなったら矢野監督も藤浪にどんな言葉を掛けてやればいいのか、いよいよ戸惑ってしまうだろう。ここは、一度決めた練習法ならじっくりと取り組み、復活を遂げてほしいものだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!