スポーツ

プロ野球セ・パ交流戦遺恨バトル(3)「打者・大谷」なら互角以上

 ドラフト前から比較され続けてきた高卒のゴールデンルーキーたちも、いよいよ直接対決を迎えそうだ。

 とはいえ、すでに6試合に登板して3勝1敗、防御率2.11という成績を残している阪神・藤浪晋太郎(19)の周囲は大谷をライバルとも思っていない。

「交流戦前に藤浪は登録抹消されましたが、深刻な故障ではなく休養を与えただけです。予想以上の実力を満天下に示している藤浪について、阪神はOBから関西マスコミに至るまで、1年間ケガなくローテの柱として回転してもらうことしか頭にありません。対する大谷は、ほかならぬ本人が『自分は甲子園で1勝もできなかったピッチャー。早く藤浪君と同じレベルに上がりたい』と認めるほど、2人に投手としての差があるのは歴然です」(前出・スポーツ紙デスク)

 投手として藤浪の後塵を拝する大谷は5月16日、イースタン・リーグの西武戦に登板し、5回7安打5失点と打ち込まれたにもかかわらず、5月23日のヤクルト戦での一軍先発デビューが決まっている。

 この決定によって藤浪の登板が見込まれる5月26日の日本ハム戦では、打者・大谷との勝負が実現しそうだ。

「投手としてはまだ未完成の大谷ですが、打者で勝負するとなれば、すでに高校時代に甲子園で藤浪からホームランを打っているように、互角以上でしょう。あの松井秀喜でも新人時代には苦戦していたのに、大谷は直球に差し込まれずスイングしていますからね」(スポーツライター)

 さて阪神では、やはり新戦力の西岡剛(28)が遺恨の震源地となりそうだ。

「日本球界復帰を決めた西岡は昨オフ、復帰ラブコールを送る古巣・ロッテと交渉しましたが、最初から阪神入りは決めていた。ただファンからの批判を恐れて、交渉したけど折り合いがつかなかったという言い分を作りたかっただけなんです。そんな古巣を袖にするような態度は、元チームメイトもおもしろくないでしょう。特に、メジャー挑戦の際にはアドバイスを送っていた井口資仁(38)や、サブロー(36)、福浦和也(37)といったベテラン勢はピリピリしているといいます」(前出・球界関係者)

 一方で、パ各球団から感謝されそうなのが阪神のエース・能見篤史(33)だ。

「実はWBCに出場した投手陣は、お互いの決め球の握りを公開し合ったそうです。それでも、例えば攝津正(30)のシンカーなどは特殊すぎて他の選手は応用できなかった。ところが、指を縫い目に引っ掛ける能見のフォークは、各投手陣にとって目からうろこだったうえ、多くの選手にとって、盗んで自分のものにすることが可能だったといいます。すでに同一リーグの巨人・山口鉄也(29)が武器として使用しているようですが、パ各球団との対戦において、阪神が“能見フォーク”で抑えられたら目も当てられませんね」(NPB関係者)

 ところで一昨年の球界参入を巡ってひと悶着あったDeNAと楽天では、一方的な怨念がまだくすぶっていたようだ。

「楽天は、同じIT企業であるDeNAの参入に猛反対しました。DeNAの春田真オーナー(44)は、まだそれを許していないようで、楽天戦には多額のボーナスを用意し、とにかく大差で勝つよう大号令をかけたそうです。ところが交流戦開幕カードで2連敗。みごとな赤っ恥となってしまった」(前出・スポーツライター)

 交流戦真っただ中。各地の遺恨は清算されるのか、はたまた激闘の末にますます深まるのだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?