政治

北朝鮮「美女スッチーカレンダー」で外貨荒稼ぎ(2)おから色の「謎の肉」を提供

 ズラリと美女をそろえても、航空会社としての評判はすこぶる悪い。12年から5年連続で「世界最悪の航空会社」に選ばれた高麗航空。その乗り心地について、日本人男性客はこう話す。

「経済が上向いてきた13年頃からは、だいぶ改善されて座席の広さもLCC(格安航空会社)と同じくらいです。客室乗務員はあまり笑ったりしないので、無愛想に見えて対応が悪いと評価されたのかもしれません。中国語が話せるので、中国人旅行者にとっては困ることはないと思います」

 低評価を下されたことに金正恩朝鮮労働党委員長(35)は不満を持っていたようで、制服のデザイン変更を指示。13年冬から現在のミニスカ制服が拝めるようになったという。

「機内食として出されるハンバーガーもお粗末なメニューとして酷評されていました。丸いパンの間におからみたいな色をしたハンバーグが挟まっているんです。何の肉が使われているかわからないので、客室乗務員が配っても断る乗客がいました。食べてみると、うまいとも、マズイとも言えないビミョーな感じ。それでもだいぶ改良されていて、2、3年前くらいからパン生地が店で出されるレベルの味になり、野菜がシャキシャキでした。ただ相変わらず、ハンバーグだけはおから色でしたね」(日本人男性客)

 ハンバーガーの他には、高麗航空ブランドのジュースが1杯提供されるが、味は「それなり」だったとか。

 北朝鮮が国策として観光業に力を入れる一方、ここにきて日本や米国に対して挑発行動を強めている。

 11月28日には弾道ミサイルらしい飛翔体2発を発射し、日本の排他的経済水域の外側の日本海に落下させた。安倍晋三総理(65)が「弾道ミサイル」と断言すると、北朝鮮の外務省日本担当副局長の談話で、「ロケット砲とミサイルを見分けられない」「唯一無二の愚か者」「世間知らずのバカ」「犬以上には見えない」といつもの辛辣な暴言で挑発している。

「安倍総理が無条件で金正恩と向き合う決意を表明しながら、拉致問題や核・ミサイル問題で議論する姿勢を見せていることに、金正恩は納得していません。また口先ばかりで北朝鮮に歩み寄ろうとしていないことにもいらだち、挑発を繰り返しているのでしょう」(ジャーナリスト)

 美女スッチーのカレンダーが、日朝友好の架け橋になる日はまだまだ先のようだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…