芸能

くりぃむ有田哲平がいなければ成立しなかったアンタッチャブル“復活”の奇跡

 突如として実現した、11月29日放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)でのアンタッチャブルのコンビ復活から、テレビ・お笑い界が湧いている。

「年末のお笑いといえば、例年、『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)が最大の話題になっていましたが、今年は決勝(12月22日放送)に無名のコンビが多く、一部お笑いマニアは喜んでいますが、一般的には話題性に乏しい大会になりそう。そのため、アンタッチャブルが新ネタを下ろした12月8日に放送の『THE MANZAI 2019』(フジ系)は、非常に注目度が高いものとなりました」(放送作家)

 それだけ2人が「全力!」で見せた漫才は、魅力に溢れていた。

「コンビ復活を望んでいたのは柴田ばかりでなく、山崎も同じだったのでしょう。途中で柴田が『お前、アドリブがスゲーな』と驚いていたように、山崎もノリノリでした。やっぱり自分が思い切りボケられるのはツッコミに柴田がいてこそという喜びと実感が、10年の時を一瞬で埋めてしまいましたね」(前出・放送作家)

 山崎が若手時代から可愛がってもらっていた、くりぃむしちゅーの有田哲平の番組だからこそ実現した、まさかのサプライズだったわけだが、その「脱力タイムズ」については、こんな話もある。

「実は、同番組は16年の3月で一度は終了が内定していたんです。『とんねるずのみなさんのおかげでした』と一緒に終了すると確かな筋から芸能マスコミに情報が漏れ伝わり、一部週刊誌がこれを報じています。しかし、どちらも後継番組の企画がなかなか決まらず、一転、存続することになったんです。『みなおか』の方は、結局18年3月で終了しましたが、『全力!』は滝沢カレンがでたらめなナレーションをつける『世界美食遺産』などの人気コーナーも誕生し、現在まで続いています」(テレビ雑誌記者)

 もし、16年で番組がそのまま終了していたら、アンタッチャブルの復活はどうなっていただろうか。そう考えると、2人のコンビの令和元年での復活は、いくつもの偶然と幸運が重なっての奇跡だったともいえそうだ。(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
2
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
3
橋本愛が“初夜シーン”巡り謝罪?「青天を衝け」ごっそりカットに呆れた声
4
お嬢様アナ奔放下半身(3)秋元優里、“竹林不貞”からの「復活」
5
テレ東・西野志海“プニプニDカップ”で苦悶の表情…NYからの猛烈アピール