芸能

NHK、「いだてん」宮藤官九郎への“ダメ出し”が大炎上中!

 自分たちで起用しておきながら、なんたる言い草か。NHKの放送総局長が発した言葉に、視聴者からの呆れ声とブーイングが飛び交っているという。

 12月18日の定例会見でNHKの木田幸紀放送総局長は、大河ドラマ史上でワースト視聴率に終わった「いだてん」について「見応えがあった」と評価していたが、それに続く言葉が炎上の元となったというのだ。

「本作の視聴率が大河史上初の一桁に低迷したのは、大河ドラマの定石を外しまくったクドカンこと宮藤官九郎の脚本にあるというのが定説となっています。その点を踏まえて放送総局長がクドカンに対して『もう一度、大河に挑戦していただけないか』とエールを送ったところまではいいのですが、その後に『その際には、もうちょっと分かりやすく描いていただければ』と注文。これには視聴者から、《そもそもクドカンに依頼したのはNHKのほうだろう》《そういう分かりづらい作品を作らせたんじゃないの?》との大ブーイングが続出したのも無理はありません」(テレビ誌ライター)

 昨年12月19日の定例会見で木田総局長は、「いだてん」の初回放送分について「相当凝った構成にはなっている」と説明。その上で「(話が)行ったり来たりはしているんだけど、飽きることなく一気に楽しんで見せてくれる」と作品の特色を強調し、「1年間、素晴らしいドラマを展開してくれる予感をさせてくれた」と語っていた。

「これらの発言でも分かるように、NHK側も当初は『いだてん』の複雑で分かりづらい構成を称賛していました。それがいざ放送が終了したら『もうちょっと分かりやすく』では、前言撤回もここに極まれりです。しかも視聴率低迷の原因を局側の責任として総括せず、脚本のクドカンに押し付けたも同然ですから、視聴者はもちろんクドカンのファンからもブーイングを受けるのも当然。貴重な受信料を1話1億円と言われる莫大な制作コストにじゃぶじゃぶと注ぎ込んでいることへの反省は、微塵も感じられませんでしたね」(前出・テレビ誌ライター)

 この調子では、クドカンからも「NHKをぶっ壊す!」と三下り半を叩きつけられないか、心配になりそうだ。(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」