スポーツ

大激論!掛布雅之と福本豊、レジェンド2人が「阪神の大問題」語り尽くしたッ

「世界の盗塁王」と「ミスタータイガース」が「阪神タイガースの大問題」で激論を戦わせた。

 レジェンド2人が本音をぶつけあうのは、まずは「4番・大山」計画が中途半端に終わったことについてであった──。

福本 矢野監督も大山が真の4番になってくれればと、開幕から我慢して使った。105試合まで4番を任せたけど、あれが限界やった。

掛布 大山を4番で1年かけて育てるということを考えると、糸井ぐらいを5番に据えて、4番を助けられる打順を組むべきだったかもしれない。主に5番を任せた福留は年齢的にも休みながら使わないといけなかったから、状態を考えるとちょっと難しかった。

福本 でも糸井も故障が多くてアテにならん。1年間計算して使いたいのにできない。今年もシーズン終盤はおらんようになった。

掛布 大山も悲劇ですよね。5番にもうちょっといい打者がいれば変わっていたと思いますよ。

 また、チームの顔だった大ベテランの鳥谷敬をあっさりとクビにした騒動にも噛み付いた。

福本 レギュラーを長く張った選手を、球団はあまりにも粗末にしすぎやろ。あの処遇は大間違いや。功労者なんやから。

掛布 他の選手のように痛いのかゆいの言わない。その鳥谷のやってきた野球に対する評価が…。あんな形で阪神のユニホームを脱いだのは寂しい。

掛布 矢野監督が就任した時は、北條とショートでもう一回勝負させると言った。そういう形で開幕に向けて準備していたんです。でもトリの気持ちを代弁すれば「勝負させてもらってない」と。1試合使って1週間休みとか。あれで結果出せというのは無理です。

 さらには、不振に陥った藤浪の腕を「ヘラブナ釣りの長竿」にたとえての再生論、「生え抜き5人衆」のレギュラー固定化による猛虎復活まで、1月4日発売のアサヒ芸能1月16日号で、熱い議論を繰り広げている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性