スポーツ

大激論!掛布雅之と福本豊、レジェンド2人が「阪神の大問題」語り尽くしたッ

「世界の盗塁王」と「ミスタータイガース」が「阪神タイガースの大問題」で激論を戦わせた。

 レジェンド2人が本音をぶつけあうのは、まずは「4番・大山」計画が中途半端に終わったことについてであった──。

福本 矢野監督も大山が真の4番になってくれればと、開幕から我慢して使った。105試合まで4番を任せたけど、あれが限界やった。

掛布 大山を4番で1年かけて育てるということを考えると、糸井ぐらいを5番に据えて、4番を助けられる打順を組むべきだったかもしれない。主に5番を任せた福留は年齢的にも休みながら使わないといけなかったから、状態を考えるとちょっと難しかった。

福本 でも糸井も故障が多くてアテにならん。1年間計算して使いたいのにできない。今年もシーズン終盤はおらんようになった。

掛布 大山も悲劇ですよね。5番にもうちょっといい打者がいれば変わっていたと思いますよ。

 また、チームの顔だった大ベテランの鳥谷敬をあっさりとクビにした騒動にも噛み付いた。

福本 レギュラーを長く張った選手を、球団はあまりにも粗末にしすぎやろ。あの処遇は大間違いや。功労者なんやから。

掛布 他の選手のように痛いのかゆいの言わない。その鳥谷のやってきた野球に対する評価が…。あんな形で阪神のユニホームを脱いだのは寂しい。

掛布 矢野監督が就任した時は、北條とショートでもう一回勝負させると言った。そういう形で開幕に向けて準備していたんです。でもトリの気持ちを代弁すれば「勝負させてもらってない」と。1試合使って1週間休みとか。あれで結果出せというのは無理です。

 さらには、不振に陥った藤浪の腕を「ヘラブナ釣りの長竿」にたとえての再生論、「生え抜き5人衆」のレギュラー固定化による猛虎復活まで、1月4日発売のアサヒ芸能1月16日号で、熱い議論を繰り広げている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鷲見玲奈アナ、テレ東退社秒読みで過激化する「生脚&爆胸見せ大サービス」!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
R-1ぐらんぷりで大惨敗も「あの女芸人」が「ブレイク間近」と囁かれるワケ
4
水着の奥が見えそう!菜々緒の肌見せ動画に「チラっと見え」疑惑が浮上
5
「サンジャポ」卒業、西川史子“激痩せ”も指摘されたキャラ作りの苦悩