芸能

グラビア封印の山本彩が見せた「パイギター」の破壊力!

「さや姉」の愛称で知られる山本彩は、18年にNMB48を卒業した。本来、アーテイスト志向が強かった山本は、自作曲を中心としたシンガーソングライターとして、ライブ中心の活動にシフトチェンジしている。

「さや姉は14年からAKB48との兼務となり、NHK朝ドラの主題歌になった『365日の紙飛行機』(15年)では、歌唱力を買われてセンターポジションを務めていました。AKB本体に混ざっても人気は高く、16年の紅白歌合戦の企画として実施された『夢の紅白選抜』では、堂々の1位に輝いています」(アイドルライター)

 歌唱力やダンスのスキルだけでなく、さや姉の人気に貢献しているのが抜群のプロポーションだ。小柄で細身ではあるが、推定Eカップの豊かな胸の渓谷を惜しげもなくアピールし、挑発的な表情の作り方においても「AKBきってのグラビアクイーン」の座を盤石にした。

 残念ながら卒業後のグラビア部門は封印状態にあるが、意外な見せ場があった。それを象徴したのが大みそか恒例の「CDTVスペシャル 年越しプレミアライブ」だった。さや姉は3rdシングルの「追憶の光」を弾き語りで披露したのだが──。

「最近のスタイルであるアコースティックギターを抱えてのステージ。この日のさや姉はニット素材の衣装でしたが、バストがちょうどギターのボディの上に乗っかり歌に合わせて谷間を押し上げる形で弾んでいました。カバンのヒモなどを胸の谷間に交差させて強調する『パイスラ』というグラビア用語があるが、もしかするとさや姉は『パイギター』の元祖になれるかもしれません」(前出・アイドルライター)

 椎名林檎や倖田來未から久しく途絶えている「魅せる歌姫」の後継者となれるか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故