スポーツ

大谷翔平「稼げる二刀流」に最終回答(3)勝つことを考えたら“投手”

 実際、大谷の登板機会は、今のところ、限定的。栗山英樹監督(52)は「本人がどちらかに専念しますと言うまで待ちます」という方針だが‥‥。

 前出の黒江氏が語る。

「やっぱり投手ですよ。あれだけの打撃センスがあればいつでも打者はできる。彼が登板する時はDHを使わず、自分が打てばいい。それに、投手から打者に転向できても、打者から投手への転向はできませんからね。あの身長で上からズドンと繰り出すストレートに代わるものはない。王さんや柴田さんも甲子園の優勝投手でしたが、身長はありませんでしたから」

 投手から野手へ転向し、巨人で2000本安打を記録した柴田勲氏がアドバイスする。

「大谷本人も球団も、今のところ“両刀”と決めたんだから、やればいいと思います。でも、2年間とか区切ってやったほうがいいと思う。最終的に打者になったとしても、軸がブレないし、ホームランバッターと言うよりアベレージヒッターとして打率を残しそうな感じがします。僕の時は投手として1年やって結果が出なかったから、首脳陣から打者転向を告げられ『はい、わかりました』で転向しました。王さんは『自分で通用しないと思った』と話していました。でも、大谷はまだ両方やれるという選択肢を持っている。そういう選手が出てきたということはすごいことですよ」

 だが、日ハムのチーム状況が、大谷の二刀流を許すほどの余裕がないのも事実。現在、最下位の日ハムが、大谷の豪腕に頼る可能性も捨てきれないという。

「今の日ハムは先発のローテーション投手がいずれも不安定。大谷が投手に専念すれば、阪神の藤浪効果のように他の投手も気合いが入る。ダルの穴すら彼なら埋められる可能性があります。でも、投手は今からじっくり走り込んで下半身を鍛えておかないと手遅れになります。1年144試合は戦えません。最終的には指導者から導いたほうがいいと思う。私が監督ならばチームのためにも、本人のためにも投手に専念させますね」(前出・伊原氏)

 前出・江本氏も大谷を未来のエースとして育成すべきだと語る。

「勝つことを考えたら投手に専念させます。長い目で見ても、投手のほうが寿命も短く圧倒的に人材不足です。それにあれだけの才能を持っているのだから、見せ物で終わりにさせたら大変なことです。本人に気づかせてやることも大事です」

 それでも“二刀流”に期待を寄せるのは広澤氏。

「大谷君は80年のプロの歴史で初めて出てきた超規格外の才能。逆に言えばこんな選手は出ないでしょう。21歳になってからどちらかに決めても、彼の才能ならば間に合うと。僕は二刀流への挑戦を見守りたいですね」

 ファンならずとも専門家まで引き付ける大谷の才能は、どこまで大化けするのだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道