芸能

川口春奈が“参戦”したYouTube動画に「美人はこんなにも間が持つ」激賞続々

 現役大河女優としては、初のユーチューバーが誕生した!20年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で帰蝶(濃姫)役を好演している女優〈川口春奈〉である。

 YouTubeチャンネル「川口春奈オフィシャルはーちゃんねる」の初回は1月31日にライブ配信された。この中でYouTubeを始めたきっかけを川口は、「自分のいろんな姿を見ていただけたり、コメントをいただいたりとかしてみなさんとつながれるツールになればいいなと思います」と、ビールグラスを片手にほんのり頬を赤く染めて語り、〈大河女優の破壊力ヤバすぎる。美人の基準が全く違う〉〈女性ユーチューバーに格の違いを見せつける女〉と、視聴者の賛辞が飛び交い、視聴回数は108万回を突破した。

 投稿としては初となる2月2日〈実家でお母さんに会ってきた!〉では、実家の長崎県五島列島に帰郷した際の川口の自撮り映像が流れ、「素の部分や飾らない一面をここでお見せできたらなと思います」とあらためてユーチューバーとしての意気込みを語った。

 投稿の映像は、食事の用意をするために母親の運転する車でスーパーに買い出しに向かう途中、「(タコのマリネなら)意外とそんな…面倒臭くないやろ?」と何げなく母親に向けて方言を使ったり、赤ん坊の甥っ子(川口の姉の息子)の登場に「ただいーまっ」と子供をあやすようなイントネーションで話しかけたりと、ふだん見ることのできない川口の〈素〉を披露している。

〈美人ってこんなにも絵(画)が持つんだな〉〈正面、横、斜め下と、どの角度から見ても美人〉とまたも川口の超絶美人度を絶賛するコメントが相次ぎ、2月10日には、視聴回数は387万回を超え、チャンネル登録者数は一週間で45万人に迫る勢いだ。

 今後、川口はどのような飾らない姿を見せてくれるのだろうか?19年末には総合格闘家の矢地祐介との熱愛報道もあり、公私ともにノリにノッた今年の川口からは、どうにも目が離せそうにない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」