社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<手指変形性関節症>「65歳以上の9割が患う原因不明の『国民病』」

「手のしびれや痛みがあるな」と思いつつ、かかりつけの医院で検査を受けても異常なし。整形外科に行くと「加齢のせい」と言われるだけ‥‥という中高年男性は多いのではないか。

 この症状こそ初期の「手指変形性関節症」かもしれない。この病気は65歳以上の約9割が患っており、国民病と言われるほど。骨密度の低下などから、手指の関節の骨を覆う軟骨がすり減って手指のしびれやこわばり、腫れなどが発症する。悪化すると第一関節が変形する「へバーデン結節」、第二関節が変形する「ブシャール結節」の症状が出てくる。

 原因は不明だが、「へバーデン結節」には、遺伝性は証明されていないものの、親や祖父母の手指が曲がっている人は体質が似ていることを考慮して注意する必要がある。

 治療法は「手指の安静や固定」を行い、場合によって「ステロイドによる薬物治療」や「手術」をすることになる。軽症の段階で有効とされるのが、エストロゲンに似た作用がある「エクオール」という成分の摂取だ。

 これは納豆や味噌汁、豆腐などの大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」に由来する成分で、本来は腸内で作られる。しかし、腸内で作り出せるのは、残念ながら日本人の約半数にすぎない。大豆イソフラボンを積極的に摂取しても「エクオール」を作れない日本人は、約半数いるというわけだ。

「エクオール」はエストロゲンの代替食品としても販売されている。近年の研究では、この食品を3カ月以上摂取したところ、手指のしびれなどの症状が落ち着いたという結果も出ている。また、更年期症状の緩和や骨密度の維持に対する作用、しわやメタボを改善する効果なども臨床試験で報告されている。「エクオール」が作れる体質かは「ソイチェック」という検査キットで尿を検査キットの会社に郵送するだけで調べられるので、試してみるのもいいだろう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント