芸能

空前の「MANZAIブーム」40年感謝祭!(3)<追跡リサーチ>多くの謎を呼んだ島田紳助の引退会見

 ビートたけしや西川きよしのように、今もテレビに出続けるブームの主役たち。一方で、過酷な運命をたどった人気コンビもいた。

 MANZAIブームを語るうえで、マシンガンさながらの怒濤のツッコミで一世を風靡したのが島田紳助・松本竜介だった。

「この程度のことでもアウトなんです」

 11年8月23日、暴力団関係者との「黒い交際」を理由に、島田紳助(64)は引退記者会見を開いた。相方だった松本竜介は06年4月1日、46歳の若さで世を去っているが、それから5年後に紳助が芸能生命を終えた。

 去る1月13日、親しいmisonoのYouTubeチャンネルにゲスト出演したが、今も復帰は考えていないようである。

 一足先にブレイクしていた星セント・ルイスは、ブームを決定づけた「THE MANZAI」にも初期の80年に3回出演しているが、横澤彪プロデューサーと意見が合わなくなり、ブームそのものに背を向ける形となった。またビートたけしとの不仲も演芸ファンには広く知られている。

 長身のセントは04年7月22日に、小柄なルイスは05年3月10日に、奇しくも同じ56歳で、相次いで世を去った。

 ブームの女流漫才師として実力No.1は、今いくよ・くるよで異論がないだろう。高校時代からの同級生で、巨漢のくるよが痩せ気味のいくよの厚化粧をからかうのが持ちネタであった。

 いくよは15年5月28日に他界したが、所属芸人としては初めて「なんばグランド花月」でお別れの会が執り行われている。

 実力派の人気コンビでありながら、誕生から終点まで波乱に満ちていたのが太平サブロー・シローである。もともとレツゴー三匹に師事した松竹芸能の所属であったが、吉本興業への移籍を希望。当時は容易でなかったが、師匠はその気持ちをくんで「破門」という形で吉本に送り出している。

 ただし、88年に吉本を離れ、東京に進出して事務所を構えるが、この頃からコンビ仲にヒビが入り、92年に解散。その後、それぞれ吉本に復帰するも、溝は埋まらぬまま、シローは12年2月9日に永眠。残されたサブローは上沼恵美子のよきパートナーとして番組共演の機会が多い。

「ホ~ホケキョ!」「誰が津川雅彦やねん」など、芸が過激すぎて吉本興業の林正之助会長にまで嫌われた伝説を持つのが西川のりお・上方よしおだ。ブーム終焉とともに90年に解散したが、94年に再結成。今も吉本の劇場を中心に、キレのいい漫才を聞かせている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ