芸能

みちょぱ、下ネタ対応力抜群でも“絶対ムリ!”はやっぱりあの芸人だった!?

“みちょぱ”こと、モデルの池田美優が4月2日に放送されたバラエティ番組「アメトーーク」(テレビ朝日系)に出演。共演歴がある芸人たちから下ネタ対応力を大絶賛された。

 陣内智則やアンガールズ・田中卓志、バイきんぐ・小峠英二など、バラエティ番組で引っ張りだこの芸人たちが、みちょぱがいかにタレントとして有能かをプレゼンした同回。

 可愛いのはもちろんのこと、毒舌でありながらも周囲を立てる気遣いもできたり、ワイプで表現力豊かなリアクションを見せたりと、様々なスキルを持ち合わせていることを出演芸人たちは力説。特に、芸人がハラスメント気味な行動をとった際や下ネタを振られた時の対応力も素晴らしいと話題となった。

 その具体例として田中は、収録の合間に“胸の先端部分の色”をみちょぱに聞いた際、「普通ですよ」と返答してくれたエピソードを紹介。そこまでは拒絶することなく、程よいリアクションをとってくれることがいいのだとか。

 ただ、この対応を称賛する芸人たちの姿に視聴者からは、「普通に気持ち悪いと思ってしまった」「みちょぱが可哀想」「オッサンたちが若い女の子の下ネタ対応が素晴らしいって言ってるのはなんだかな~と思った」と批判的な声が目立っている。

「みちょぱはそうした反響を受け、放送翌日にツイッターで『セクハラやらなんやら心配の声が届いてますが、あたしは嫌だと感じたら嫌と言える人だから言ってないってことは嫌だとは思ってないってこと!』と投稿。共演した芸人たちの中に本気でそういった発言をしてくる人はいないと認識しているため、不快に思うことはないのだとか。それでも、番組に途中から登場した安田大サーカスのクロちゃんに関しては本気で苦手意識を持っているようで、『みちょぱのワキ舐めたい』などと収録の合間に言ってくるという彼には、のけ反るように拒絶していましたね」(エンタメ誌ライター)

 クロちゃんも、みちょぱであれば大丈夫と踏んでこういった発言をしているのかもしれないが、さすがにもう少し厳しく対応した方がいいのでは?

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!