スポーツ

楽天「優勝一直線で仙台にカネの雨が降る」(2)「配球ノート」をつけるマギー

 前出の田尾氏も、今シーズンの打線の好調ぶりを支えているのは、ケーシー・マギー(30)とアンドリュー・ジョーンズ(36)の両外国人選手の活躍だと指摘する。

「去年の不振を補って余りある存在です。マギーは、2割9分8厘で17本塁打(7月10日現在、以下同)というハイアベレージ。ジョーンズも15本塁打で打率こそ2割3分8厘ですが、出塁率は3割9分4厘と4割近い。四球数も両リーグ通じて1位となる58四球を選んでいます。クリーンナップの充実で、打線全体が安定しました」

 そのマギーといえば、来日直後のオープン戦では、日本の野球になじめず、結果を残すことができなかったが、持ち前の生真面目な性格が現在の活躍につながっているという。

「マギーは、オープン戦で結果が出なかった時は、毎日のように田代富雄打撃コーチ(59)にアドバイスを聞きに行っていた。それぞれの日本人投手のクセや配球を記したノートもつけるほど几帳面な一面もある」(前出・球団関係者)

 さらに、マギーの大きなモチベーションとなっているのが、家族の存在だ。

「実は、6歳になる長男が先天性脳障害で、マギーは全米脳障害連合のメンバーです。09年には、長男が代表として始球式を務め、人目をはばからず号泣。その試合で代打本塁打を放った。常々、『家族、チームメイト、東北のために全力でプレーする』と言っています」(前出・スポーツライター)

 一方、ニューヨーク・ヤンキースから鳴り物入りで入団したのがジョーンズ。シーズン開幕直後には、記者が不調ぶりを指摘すると、「何をおかしな質問をしているんだ」と激怒するなど、コワモテのイメージが先行した。ところが‥‥。

「チーム内でニックネームを聞かれれば、みずから『Bald(ハゲ).Touch me(触ってごらんよ)』とジョークを飛ばすほどのムードメーカーですよ。メジャー選手らしからぬ、チームが最優先という考え方で、自分が打てなかった試合でも『チームメイトが打っているんだから、うれしいことはあっても悔しいわけはない。シーズンは長い。自分は個人タイトルを獲りに来たんじゃない。チームを優勝させるために来たんだ』と、優等生発言をしている。これを聞いた星野仙一監督(66)は珍しく、『そうか、そうか』とご満悦でした」(楽天担当記者)

 野村克也前監督が、「俺の時はポンコツ外人ばっかりだったのに」とうらやむほど、外国人たちがことごとく活躍しているのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
4
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
5
大江麻理子、プリンプリン桃型ヒップと腰つきがヤバイ!“フェロモン爆発度”