女子アナ

鷲見玲奈、不貞疑惑を完全否定も“モヤモヤ感”残したフリー転身の「逆風」!

 テレビ東京を3月いっぱいで退社し、4月からフリーアナウンサーとなった鷲見玲奈が、4月9日発売の「週刊文春」で、昨年暮れに同誌で報じられた不貞騒動について語ったのは、4月9日発売の「週刊文春」でのことだった。

 不貞報道は、2017年に彼女の先輩で既婚の増田和也アナ(当時)と鷲見、さらに後輩の男性と女性アナ2人など数人で、都内のカラオケボックスに。そこで増田アナと鷲見の2人は、酒がだいぶ入っていたためかイチャイチャし始め、徐々にエスカレート。ついには“一線”を越えてしまい、その場面を社員が目撃していたというものだった。

 局が調査に乗り出し、2人は否定したものの、昨年11月に増田アナは異動。鷲見も文春の直撃後、生放送への出演が見合わせになり、結局、鷲見は3月いっぱいでテレ東を退社。4月からセント・フォースに所属し、フリーアナとして活動を開始したばかり。

 疑惑を報じた文春でその真実を自分の口で語るということが、いわば“フリーとしての最初の仕事”の形だったわけだが、 鷲見は、カラオケに行ったことは認め、「あの日はボクシング中継の帰りだったと思います」「増田さん以外の他の上司もいて、当初はみんなで行く予定だったのですが、その方々は帰ることになり、増田さんや後輩アナたちと飲みに行ったのです」などと語り、一線を越えたことについては完全否定。さらに、「その状況を想像してそんな現実味がないことってあります? 中継帰りで疲れていたのもあって、お酒を飲んでみんな寝ちゃったんです」としている。

 これからフリーアナとして活動していくにあたり、まずは疑惑を晴らしておく必要があったのは理解できる。しかし、一連の発言には、ネット上の反応はいまひとつ芳しくない。

「もちろん『信じてる』『応援しています』といった声もありますが、『みんな寝ちゃったなんてあり得る?』『事実無根なら退社せず残ればよかったのに』『だったらなんで増田アナは異動したのか』と、疑惑を晴らすまでには至ってないようです」(芸能ライター)

 不貞疑惑に加え、今は新型コロナ禍でイベント司会やテレビ出演のオファーがかかりづらい状況。フリーアナとしてのスタートはなかなか厳しいと言わざるを得ない。

「鷲見アナといえば大きなバストで人気を獲得してきた女子アナ。田中みな実が写真集で大ヒットを飛ばしたように、そちらの仕事に力を入れるべき。活路を見出す方法はこれしかありませんよ」(前出・芸能ライター)

 逆風の中、どんな活動を展開していくのか注目したい。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!
5
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”