芸能

「太陽にほえろ!」を熱く語るエド・はるみ!松田優作を「天才」と激賞したワケ

「昭和の伝説ドラマ」の呼び声も高い「太陽にほえろ!」は1972年から1986年に日本テレビ系で放送された人気の連続刑事ドラマだ。「ボス」こと昭和の大スター・石原裕次郎を筆頭に、萩原健一の「マカロニ」、露口茂の「山さん」、竜雷太「ゴリさん」、小野寺昭「殿下」といった実力派俳優が脇を固める盤石ぶり。刑事ドラマで、ニックネームで呼び合うといったところが当時は斬新で、お茶の間を大いに楽しませてくれた。

 そんな「太陽にほえろ!」を、お笑いタレントのエド・はるみが熱く語った。自身のYouTubeチャンネル〈エド・はるみの未来人間学〉、4月11日に投稿された〈昭和の伝説ドラマ「太陽にほえろ!」について語ります。〉でのことだ。

「いつも事件が起きると『何!?』と窓を見ながら『そうか』と、まず電話を切るのがボスなんですよね。電話で事件を知るんです」

 と、石原裕次郎がブラインド越しに目を細めるシーンをマネて見せ、エドが身振り手振りでドラマの概要を熱く語り始めた。

 そんな中、エドがひときわ熱を帯びて話し出すのが、エドが11歳の頃だという、「ジーパン」役として松田優作が登場した時のことだ。

「うわっ、ショーケンをさらにカッコよくした人が出てきたぞ。何がカッコいいかって身長が190cmくらいあるんですかね?とにかくシュンと背が高くて足が長い!足1メートルくらいあるらしいよって、小学校で噂になったくらいカッコいいんですよ」

 松田優作の身長は183cmだったと言われているが、エドの目には190cmにも映ったのであろう、それくらいのインパクトがあったことは間違いないようだ。

 さらに、エドがヒートアップしたのは松田優作の殉職シーンだ。殉職も「太陽にほえろ!」には定期的に訪れる悲しい名物シーンだが、ジーパン刑事が犯人に拳銃で腹を撃たれ手についた血を見て驚くシーンをエドが再現…

「『なんじゃこりゃあ!』って…。いつもはブルーのジーンズが、その日だけは全身白の服を着ていたんですよ。その時、血の色と着ているジーンズが映えるように、ちゃんと白色を発注してるんですよ」

 と松田優作のアイデアであったとエドは語り、「天才!」と感心しきりだった。

 新型コロナウイルスの影響で在宅の機会が増えた昨今、「太陽にほえろ!」のように昔のドラマを探して、好きだった俳優、女優を懐かしんでみようかな…そんなことも楽しみの一つにしたい。そんなことを思い出させてくれるエドの動画であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子だけじゃない!?「大人の夜の玩具」を愛用する女性芸能人とは?
4
神田愛花、「水バラ」名物お風呂シーン“NG”に上がった大ブーイング!
5
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判