エンタメ

激減して月収250万?炎上系ユーチューバー・シバターの「尖った嘆き」舞台裏

 ユーチューバーのシバターが4月9日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、新型コロナウイルスの感染拡大によって、大幅な収入減となったことを打ち明けている。

 動画サムネイルに〈ユーチューバー収入激減〉と綴ったシバターは、通常であれば月に300~400万円ほどの広告収入をもたらしていたメインチャンネルとサブチャンネルからの収益が激減していると告白。チャンネルの再生数自体は増加傾向にあるとしながらも、広告単価が下がってしまったことで最終的に4月分の収益は「250万円ほど」に留まると見積もった。

 また、追い討ちをかけたのは自粛ムードによるパチンコ店でのイベントキャンセルで、全体のおよそ8割の仕事が白紙になってしまったと説明。これらが重なり、トータルで700万円ほどあったという通常時の月収が半分以下になってしまう大きな経済的ダメージを受けたと明かすと、最後には「みなさん、月250万円で生活できると思いますか?」とお馴染みの尖った発言で視聴者に“らしさ“を披露している。

「小中高の学生らだけでなく、あらゆる世代の在宅率が高まり、以前にも増してYouTubeの様々な動画を閲覧する機会は増えたはずですが、YouTubeに対して広告を出稿する企業が倹約モードとなっており、広告費を節約するケースが目立っているようです。加えて、3月は年度末ということもあり、企業からの広告収入は毎年下がり気味になることが多く、結果的に、再生数をしっかりと稼いでいるはずのユーチューバーもまた収入がダウンするケースが見られます。また、動画内でシバターは“新型コロナウイルス“というワードを出さず、『巷では、なぜかわからないけど、日本全体が不景気らしい』と述べていますが、これは、“コロナ“のワードを動画に含ませることでYouTube側より収益対象から外されてしまうリスクを回避しているのでしょう。誤情報の氾濫を防ぐため、YouTube側は2月の発表でこうした“デリケートな事象“については厳しく目を光らせていると表明しています。炎上系ユーチューバーとして活躍し、傍若無人なイメージすら纏ってきたシバターですが、今後は生き残りをかけて様々な面で器用に立ち回る必要があるのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、コロナ禍のダメージを受けてもなお、250万円もの収入を見込めるというのは、一般的な感覚から言えば、うらやましい限りだが…。

(木村慎吾)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」