エンタメ

激減して月収250万?炎上系ユーチューバー・シバターの「尖った嘆き」舞台裏

 ユーチューバーのシバターが4月9日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、新型コロナウイルスの感染拡大によって、大幅な収入減となったことを打ち明けている。

 動画サムネイルに〈ユーチューバー収入激減〉と綴ったシバターは、通常であれば月に300~400万円ほどの広告収入をもたらしていたメインチャンネルとサブチャンネルからの収益が激減していると告白。チャンネルの再生数自体は増加傾向にあるとしながらも、広告単価が下がってしまったことで最終的に4月分の収益は「250万円ほど」に留まると見積もった。

 また、追い討ちをかけたのは自粛ムードによるパチンコ店でのイベントキャンセルで、全体のおよそ8割の仕事が白紙になってしまったと説明。これらが重なり、トータルで700万円ほどあったという通常時の月収が半分以下になってしまう大きな経済的ダメージを受けたと明かすと、最後には「みなさん、月250万円で生活できると思いますか?」とお馴染みの尖った発言で視聴者に“らしさ“を披露している。

「小中高の学生らだけでなく、あらゆる世代の在宅率が高まり、以前にも増してYouTubeの様々な動画を閲覧する機会は増えたはずですが、YouTubeに対して広告を出稿する企業が倹約モードとなっており、広告費を節約するケースが目立っているようです。加えて、3月は年度末ということもあり、企業からの広告収入は毎年下がり気味になることが多く、結果的に、再生数をしっかりと稼いでいるはずのユーチューバーもまた収入がダウンするケースが見られます。また、動画内でシバターは“新型コロナウイルス“というワードを出さず、『巷では、なぜかわからないけど、日本全体が不景気らしい』と述べていますが、これは、“コロナ“のワードを動画に含ませることでYouTube側より収益対象から外されてしまうリスクを回避しているのでしょう。誤情報の氾濫を防ぐため、YouTube側は2月の発表でこうした“デリケートな事象“については厳しく目を光らせていると表明しています。炎上系ユーチューバーとして活躍し、傍若無人なイメージすら纏ってきたシバターですが、今後は生き残りをかけて様々な面で器用に立ち回る必要があるのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、コロナ禍のダメージを受けてもなお、250万円もの収入を見込めるというのは、一般的な感覚から言えば、うらやましい限りだが…。

(木村慎吾)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
3
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像