芸能

夜の街から人が消えた!? ケンコバ「艶系ゲス番組」の恐るべき自粛推進効果

 お笑い芸人のケンドーコバヤシが4月14日放送のトークバラエティー「にけつッ!!」(日本テレビ系)に出演。千原ジュニアとの軽妙なトークで番組を盛り上げる中で、大阪と東京のタクシーの違いについて、こんな持論を展開した。

「東京では客が乗ったら野球中継を止めるのに、大阪は阪神タイガースの攻撃の時に音量を上げる」

 東京では非常識な行動でも、熱狂的な阪神ファンが多い大阪では許されるのだろう。そしてタクシー運転手の接客態度と同様に、「東京と大阪の違い」を鮮明に映すのが深夜バラエティー番組だ。関東の地上波では今やすっかり鳴りを潜めた艶系の「ゲス番組」が、なんと大阪では、このコロナ禍においても堂々とオンエアされているという。

 在阪の放送作家が語る。

「毎週金曜深夜にオンエアされている『ケンコバのバコバコテレビ』(サンテレビ)は特に男性人気が高いですね。世間では『外出自粛』が叫ばれているにもかかわらず、この番組は自粛知らず。週末の夜に外出したくてもできない大阪など近畿圏の独身男性にとっては欠かせない娯楽番組かもしれません。この番組のおかげで完全に大阪の街から男性が消えた…という話もあります。4月10日の放送回では、ケンコバさんが加藤鷹さんたちと下半身のビンビン具合について過激なトークを展開。『体力の限界が近付いている』と本音をもらす一幕もありました。極めつきは人気の“写真館コーナー”で、精力剤を専門に扱う薬局チェーンの社長が、艶っぽいキャラ風の扮装姿の美女を激写していたのですが、社長の巧みなトークに乗せられて、その美女が最後は一糸まとわぬ姿に…。胸の突起部分はシールで隠していたものの、下半身は放送できないレベルの大惨事。結果的にはモザイクつきでオンエアされました」

 この緊急事態に「なんてゲスな…」と批判を浴びるのは承知のうえかもしれない。それでも、ケンコバの「ゲス番組」が、大阪では男性の「不要不急な夜間外出」に歯止めをかけているのは間違いないだろう。

(ラリー近田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!