スポーツ

大野豊「広島カープCS初進出の秘策を提言」(4)個性派投手の長所を吸収できた

 大野氏がハングリー精神と並んで強調するのが、「考える野球」だ。先輩やコーチのアドバイスから自分の野球を模索することで、選手としての成長につながるというのだ。

 大野氏にとって「最も影響を受けた」というのが、優勝請負人と称された江夏豊氏だった。抑えのサウスポーという役割はもちろん、名前も一緒なら、母子家庭という境遇も同じとあって、ことさらかわいがられた。時には殴られながらも、

「投手が1、2本打たれたからといって、そんな態度を取るな。俺を見ろ、今までどれだけ打たれてきたか」

 と叱咤激励してくれる。そんな大投手の言葉は胸に突き刺さった。

「雲の上の人に教えていただき、ものすごく役に立ちました。常に江夏さんを追いかけてきましたが、それは意外と苦しいんです。僕は江夏さんにはなれない。どういう投手になりたいかを考え、大野豊のピッチングはこうだ、と変えてから、非常に楽になりました。そうした考えを、今の若い投手に持ってほしいんです」

 振り返れば、広島の黄金時代は、個性派の投手が集まる“梁山泊”でもあった。

「それこそ、昔の広島は個性派投手ばかりでした。津田恒実(故人)はストレート主体で『まっすぐで打ってみい』と勝負を挑み、北別府学はコントロールが武器。川口和久いうたら何イニングでも投げられるスタミナが持ち味だった。逆に言えば、僕がいちばん無個性で中途半端でしたが、彼らが身近にいたから、長所を吸収して投げられたんです。僕のプロ初登板を知る人は、『すぐに四球を出す弱気の大野が、ようこんなピッチャーになったな』と言いますが、そんな僕がこうして殿堂入りまでさせてもらえたんですから、カープの若手も頑張ればできるはずです」

 打てない、守れない、抑えられない──。この三重苦も、きっかけ一つで変わることができる。それがプロだと大野氏は語る。幸い、現在のセ・リーグは3位以下がダンゴ状態でチャンスは十分にある。カープファンの夢は、短期決戦での打倒巨人だ。

「今でも忘れられないのは91年の優勝決定試合で胴上げ投手になれたことです。緊張感がとぎれない大舞台は、選手に自信をもたらせてくれます。12球団でCS出場経験がないのも広島とDeNAだけ。昨年が大きなチャンスでしたが、ヤクルトにまくられ悔しい思いをしました。今年は悔しい思いを糧に、きっとCSに進出してくれる。その先には優勝の可能性もあるでしょう」

 黄金時代を知るOBの言葉から、学べることも多いはずだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
2
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
3
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
松山英樹と石川遼の「逆転人生」「落差の真相」を徹底深堀り!