芸能

吉本興業のYouTube進出で明石家さんまの人気番組が復活する!?

 あの人気番組がYouTubeで復活か? 吉本興業とUUUMの資本業務提携に、テレビ業界が色めきだっているという。

 両社の業務提携ではUUUMクリエイターのテレビ進出に吉本が協力する一方で、吉本芸人のYouTubeチャンネル開設をUUUMがサポート。4月25日には今田耕司が「今ちゃんねる。」をスタートするなど、大物芸人もいよいよYouTubeに進出していくようだ。そこで囁かれているのが、惜しまれつつも2016年に終了した人気番組の復活だというのである。

「現在は不定期の特番として放送されている『さんまのまんま』(フジテレビ系)です。明石家さんまが32年間にわたって続けてきたトーク番組ですが、業界全体で制作費削減が進むなか、制作局の関西テレビがさんまのギャラを払い続けられないとの理由で打ち切りとなりました。同番組は関テレでこそ高視聴率を維持していたものの、ネット局のフジテレビでは永らく深夜帯に放送されるなど視聴率はイマイチ。さんまの知名度に比例した収益があげられず、打ち切りも止むなしだったのでしょう。それがYouTubeに場所を移すことで復活が可能だというのです」(業界関係者)

 たしかにYouTubeなら再生数に応じて収益が増えるわけで、さんまの頑張り次第でギャラは青天井とも言える。また、YouTube自体のステータスが大きく向上したことにより、大物ゲストであってもYouTubeだからといって出演を渋るようなことも少なくなっているはずだ。

「そして最大の障害だったさんまのYouTube嫌いにも、最近は変化の兆しがありそうです。2月5日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)では『俺らテレビ出る人間、敵はYouTubeやねんで今!』『その本人がYouTube見てたらあかんで』とまで言っていたのですが、同じ『ホンマでっか!?TV』の4月29日放送回ではリモート収録を初体験。『これもアリやね!』と楽しんでいました。旧来のテレビ収録とは比べ物にならない小規模な制作体制にも対応できたことで、YouTube前提の番組収録にも臨めるのではないでしょうか」(前出・業界関係者)

 テレビ界の帝王に君臨していた明石家さんま。本格参入となれば、YouTubeもきっと大きな爪痕を残すことは間違いなさそうだ。(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
2
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
3
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
4
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚
5
「エイベックス松浦会長の離婚」&「浜崎あゆみ極秘出産」が“意味すること”