芸能

「着物」松陰寺と「ツッコミ」シュウペイ!?ぺこぱ、「キャラ模索」過去を仰天公開

 2019年のM-1グランプリの決勝で3位に入り、一躍ブレイクを果たしたお笑いコンビの「ぺこぱ」。シュウペイの天然とも思える小ボケに、「ツッコまないツッコミの松陰寺太勇の漫才スタイルは斬新で、「時を戻そう」「悪くないだろう」などのフレーズは今年の流行語大賞も狙えるのではないかというほどお茶の間に浸透している。

 そんなぺこぱが、みずからのYouTubeチャンネル〈ぺこぱチャンネル〉で、4月22日に〈全力下り坂〉を投稿。16年1月17日に下北沢の「しもきた空間リバティ」で開催された2人の初単独ライブ「風~KAZE~」の幕間に投影された映像「全力下り坂」が紹介された。

 女性アイドルが胸を揺らして坂を駆け上がるバラエティ番組「全力坂」(テレビ朝日系)のパロディのような内容で、ド派手なメイクに赤い着物を着た松陰寺が〈表参道のどこかにあるという坂〉をキザなポーズを決めながらローラースケートで滑り降りるといった内容だった。当時はほぼ無名だった松陰寺。ハデな着物姿にもかかわらず、すれ違う人が見返りもせず、我関せずといったシュールな光景は笑いを誘った。

 単独ライブのチケットは完売で、ブレイクの兆しを見せていたわけだが、当時の彼らの記事には、〈着物にローラーシューズというキザ芸人・松陰寺太勇〉と紹介されていた。また、相方は〈そんな松陰寺に振り回されながらも鋭いツッコミを入れ続けるシュウペイ〉とあり、M‐1の快進撃から知った我々の知るぺこぱではないことがわかった。

 現在、ホストのようなスーツ姿の松陰寺がキザ芸人というのは延長線上でわからなくもないが、シュウペイが鋭いツッコミというのは、いくらなんでも乖離している思いがある。しかし、「ボクが結構ぺこぱ先行しがちですけど、ぺこぱの奥コイツですよ」と松陰寺が相方の才能を、カジサックのYouTubeチャンネルで評したことがある。

 かつて、お笑いコンビのくりぃむしちゅーが若かりし「海砂利水魚」時代に上田晋也と有田哲平のボケとツッコミが逆であったように、ぺこぱにも現スタイルを築くまでに並々ならぬ苦労があったことがうかがえる。

 さすがに松陰寺も今は、「時を戻そう」とは思わないだろう。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測