芸能

ガッツ石松の頭を叩いたら…陣内智則が明かした“幻の右”を食らった過去

 ガッツ石松といえば、1974年、WBC世界ライト級チャンピオンに輝いた、言わずと知れた元プロボクサーだ。当時チャンピオンだったロドルフォ・ゴンザレスを倒したパンチはあまりに動きが速く見切れないことから“幻の右”と評され、今もなおガッツの伝説の1つとなっている。現在はタレント・俳優として活躍中のガッツの、その“幻の右”を、なんと番組収録中に食らっていたという衝撃の過去をお笑いタレントの陣内智則が激白した。

 みずからのYouTubeチャンネル〈陣内智則のネタジン〉、5月6日投稿の〈陣内智則【芸人人生大ピンチの話】あの大物が大激怒!〉がそれだ。

 この回は、芸人人生28年を振り返り、干されかけた大ピンチについて陣内が明かすという内容だったのだが、ガッツとの話は衝撃だった。

 バラエティ番組「エンタの神様」(日本テレビ系)で陣内の顔が全国に売れ始めた頃の話だ。ゴールデンタイムに放送される番組対抗のスペシャル番組に〈エンタの神様チーム〉として出演の決まった陣内、事務所の先輩である島田紳助氏に相談したところ、「ツメ痕残さなアカンで!」とアドバイスをもらったという。

 番組収録がスタートすると、隣に座っていたガッツが陣内にしか聞こえないような声で小ボケを連発、それを陣内がツッコむという流れで順調に番組は進行していったそうだが、事件は唐突に起きた…。

 司会者が陣内にルール説明をしている最中にも、ガッツは相変わらず陣内にしゃべりかけていたようで、まわりの空気も「しつこいぞ」となってきたタイミングで「やかましいねん!」とガッツの頭をパーンと叩いたという陣内。次の瞬間、ガッツの〈幻の右〉が陣内の顔面をヒット!あまりの動揺に陣内は痛みも感じなかったそうだ。ガッツは怒って帰ってしまい、その部分はもちろんオンエアではカット。番組途中からガッツが画面から消えており、しょんぼりとした陣内の姿が映し出されると言う結末になったと語る。

 もちろん、その後陣内からガッツに謝罪を入れ、現在はガッツとロケ番組に行くなど関係は修復されているそうだ。

 結果的にこのエピソードが紳助氏の言う”ツメ痕”になり、爆笑問題、出川哲朗など、さまざまな芸能人から陣内の顔と名前を覚えてもらうきっかけになっている。それにしても、元ボクサーの頭をたたくとは…そのツッコミこそ、陣内は今後二度と見せてはいけない、“幻の右”にしなければならない!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「お酒大好き!」高橋凛に聞いた超絶ボディーを維持する「我慢しないお酒の飲み方」

    Sponsored

    デビュー10年目の節目に7年ぶりの写真集をリリースしたグラビアアイドルの高橋凛さん。職業柄、体型の維持には気を使っているそうですが、「ほぼ毎日嗜む」というお酒好き。それでもスタイルをキープできているのは、先輩から聞いたり自分で編み出した上手…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平「裏の顔は麻薬王」だった!「効き目はヘロインの50倍」でアメリカに仕掛けた「新アヘン戦争」
2
巨人・坂本勇人がスキャンダルまみれで「現状維持」岡本和真のメジャー移籍が絡む年俸交渉ウラ
3
藤井聡太八冠の難敵になる最年少高校生棋士・藤本渚四段の末恐ろしい「勝ち気」ぶり
4
徳光和夫も怒り心頭!系列局の「24時間テレビ募金着服」事件を無視する日本テレビにアキレ返った
5
横浜DeNA有力投手がいなくなるのに「なぜか捕手を追加補強」で来季20勝以上が消える