芸能

10年前に”公私で”大ピンチ?安達祐実、「奇跡の38歳」までの「色香」変遷!

 今年4月、安達祐実(38)は女性ファッション誌「CanCam」6月号で同誌史上最年長のカバーガールを務めたことが大きな話題となった。

 確かに「CanCam」の表紙を飾る安達の表情や肌は実に艶やか。その美貌は、今や20~30代女性の憧れとなっている。

 しかし、安達を絶賛するのは女性だけではない。現在放送中の深夜ドラマ「捨ててよ、安達さん。」(テレビ東京系)を見た、アイドル評論家の小谷哲氏によれば、「第3話のパジャマ姿はよかったです」とのことで、居間のソファーでくつろいでいる姿が妙に色っぽく、胸の渓谷がチラッとのぞくだけでアラフォーの艶っぽさが伝わってきたという。

 だが、かつての天才子役は女性ファッション誌「VOCE」5月号のインタビューでも、次のように告白し、ファンを驚かせていた。

〈20代の終わりごろ、仕事で“万策尽きた”ってほどのピンチに陥ったことがあるんです。そこから脱却するために選んだ道は、捨てる勇気をもつこと。〉

 どんなピンチか、そして何を捨てたのかはわからないが、「20代の終わり」は、09年1月のスピードワゴン・井戸田潤との離婚時期とみごとに重なる。シングルマザー時代の安達を追いかけていた、写真誌カメラマンはこう語った。

「(当時)祐実ちゃんは幼い娘を友里ママではなく、遠縁の親戚にみてもらうためにみずから車を運転し預けに行っていた。都内から3時間ほど、時には高速道路をぶっ飛ばし、送迎をしていた。どこか吹っ切れた感があり、サービスエリアで娘の手を引くグラサン姿の彼女から、男っぽい一面を感じたね」

 安達の歩んだ道のりは、決して平たんではなかったのだ。

 5月19日発売の週刊アサヒ芸能5月28日特大号は、現在第二の絶頂期を迎えた彼女の素顔やターニングポイントに迫っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!
2
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
3
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
4
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?
5
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)