芸能

10年前に”公私で”大ピンチ?安達祐実、「奇跡の38歳」までの「色香」変遷!

 今年4月、安達祐実(38)は女性ファッション誌「CanCam」6月号で同誌史上最年長のカバーガールを務めたことが大きな話題となった。

 確かに「CanCam」の表紙を飾る安達の表情や肌は実に艶やか。その美貌は、今や20~30代女性の憧れとなっている。

 しかし、安達を絶賛するのは女性だけではない。現在放送中の深夜ドラマ「捨ててよ、安達さん。」(テレビ東京系)を見た、アイドル評論家の小谷哲氏によれば、「第3話のパジャマ姿はよかったです」とのことで、居間のソファーでくつろいでいる姿が妙に色っぽく、胸の渓谷がチラッとのぞくだけでアラフォーの艶っぽさが伝わってきたという。

 だが、かつての天才子役は女性ファッション誌「VOCE」5月号のインタビューでも、次のように告白し、ファンを驚かせていた。

〈20代の終わりごろ、仕事で“万策尽きた”ってほどのピンチに陥ったことがあるんです。そこから脱却するために選んだ道は、捨てる勇気をもつこと。〉

 どんなピンチか、そして何を捨てたのかはわからないが、「20代の終わり」は、09年1月のスピードワゴン・井戸田潤との離婚時期とみごとに重なる。シングルマザー時代の安達を追いかけていた、写真誌カメラマンはこう語った。

「(当時)祐実ちゃんは幼い娘を友里ママではなく、遠縁の親戚にみてもらうためにみずから車を運転し預けに行っていた。都内から3時間ほど、時には高速道路をぶっ飛ばし、送迎をしていた。どこか吹っ切れた感があり、サービスエリアで娘の手を引くグラサン姿の彼女から、男っぽい一面を感じたね」

 安達の歩んだ道のりは、決して平たんではなかったのだ。

 5月19日発売の週刊アサヒ芸能5月28日特大号は、現在第二の絶頂期を迎えた彼女の素顔やターニングポイントに迫っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」