芸能

10年前に”公私で”大ピンチ?安達祐実、「奇跡の38歳」までの「色香」変遷!

 今年4月、安達祐実(38)は女性ファッション誌「CanCam」6月号で同誌史上最年長のカバーガールを務めたことが大きな話題となった。

 確かに「CanCam」の表紙を飾る安達の表情や肌は実に艶やか。その美貌は、今や20~30代女性の憧れとなっている。

 しかし、安達を絶賛するのは女性だけではない。現在放送中の深夜ドラマ「捨ててよ、安達さん。」(テレビ東京系)を見た、アイドル評論家の小谷哲氏によれば、「第3話のパジャマ姿はよかったです」とのことで、居間のソファーでくつろいでいる姿が妙に色っぽく、胸の渓谷がチラッとのぞくだけでアラフォーの艶っぽさが伝わってきたという。

 だが、かつての天才子役は女性ファッション誌「VOCE」5月号のインタビューでも、次のように告白し、ファンを驚かせていた。

〈20代の終わりごろ、仕事で“万策尽きた”ってほどのピンチに陥ったことがあるんです。そこから脱却するために選んだ道は、捨てる勇気をもつこと。〉

 どんなピンチか、そして何を捨てたのかはわからないが、「20代の終わり」は、09年1月のスピードワゴン・井戸田潤との離婚時期とみごとに重なる。シングルマザー時代の安達を追いかけていた、写真誌カメラマンはこう語った。

「(当時)祐実ちゃんは幼い娘を友里ママではなく、遠縁の親戚にみてもらうためにみずから車を運転し預けに行っていた。都内から3時間ほど、時には高速道路をぶっ飛ばし、送迎をしていた。どこか吹っ切れた感があり、サービスエリアで娘の手を引くグラサン姿の彼女から、男っぽい一面を感じたね」

 安達の歩んだ道のりは、決して平たんではなかったのだ。

 5月19日発売の週刊アサヒ芸能5月28日特大号は、現在第二の絶頂期を迎えた彼女の素顔やターニングポイントに迫っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」