芸能

フジ「27時間テレビ」コロナで放送中止に「終了でいいのでは?」の声

 5月25日、毎年恒例となっていたフジテレビの「27時間テレビ」が今年の放送を取りやめたことが判明した。同番組は前身となる「FNS一億人のテレビ夢列島」がスタートして以来、34年目で初の中止となる。

「一部スポーツ紙によれば、今年も8月上旬での放送を予定していたが、新型コロナウイルスの危険性から、安全管理を踏まえ中止を決断したという。秋以降についても、感染拡大の第二波の可能性を考慮。今年の放送自体がないとのことです」(テレビ誌記者)

 1987年から毎年放送された同番組は当初、タモリやビートたけし、明石家さんまといった“お笑いBIG3”が登場する長時間生番組でのハチャメチャぶりが受け、バラエティ好きにとっては夏の風物詩だった時代もあった。しかし、フジにとって“苦渋の決断”と伝えられる放送中止についてネット上では《潮時としてはコロナがちょうどいいきっかけ》《そもそも飽きられてたんだから仕方ない》《もう終了でいいだろ》といった声が大半だ。

「34年前の第一回は19.9%と高視聴率を記録し、10年目あたりからは10%台前半が定着。17年以降、日本の歴史や食などをテーマにした教育系に舵を切り、同時に事前収録したものを中心とした放送にしたところ、これが裏目に出て7.7%と大失速しており、以降、4年連続で一ケタ台が続いていました。17年当時はフジ社長が亀山千広氏から宮内正喜氏に交代し、『とんねるずのみなさんのおかげでした』や『めちゃ×2イケてる』を終了させるなどバラエティ番組に大ナタが振るわれた時期。しかし、以後もかつてのお家芸は廃れたままで、今回の『27時間テレビ』中止についても、コロナに関係なくそんなフジの現状を象徴する出来事と言えるでしょうね」(テレビウオッチャー)

 果たして来年はどうするのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桑田佳祐の「挑発」に長渕剛が「ケンカをふっかけるなら相手をみろ」の全面戦争/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘話
2
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
3
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
4
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!